FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

お盆と「プロメア」

お盆になってもプロメアを映画館で見られる喜び!
ありがとう地元映画館、ありがとうプロメアを愛するみんな!

なんかプロメアってお盆感ありますよね

前回の記事で、「リオは巫女」「ガロデリオンは花火」で、
プロメアは「荒ぶる神を熱い祭りで鎮める物語」なんじゃないか?って考えてたんだけど
そう思えば思うほど、プロメアってお盆だな~って感じしてる

不謹慎な話かもしれんけど

バーニッシュ=迎え火
ガロデリオン=送り火(花火)

って関係に見えるし

迎え火を通じて来た魂(プロメア)と、人間の相互理解が上手くいかなかったから
バーニッシュがああして彷徨う羽目になったのかなって感じする


リオが、ガロデリオンに乗り込むまでどこか中性的に描かれていたのも
やっぱり彼に巫女的な役割があったからだと思う

だから、リオガロデリオンに乗って、上着を脱ぎ捨てたときに
リオが少年から男になったんだなーと、なんだか感慨深かった

裸の胸を晒すのは、男の覚悟の現れ!グレンラガンからの伝統ですね!(違う)
夏は人が成長する季節だからね(「プロメア」は夏休み映画ではありません)


…という、夏の夜の妄想…

プロメアの元ネタで要素でも一番大きいのはやっぱりギリシャ神話だろうし
中島さんはもともとゾンビものやりたかったってことで、端々にその名残が見えるけど

極東の島国生まれの人間が作ると、ギリシャ神話モチーフでもどっか和風になっちゃうし
ゾンビやろうとしてもお盆になっちゃうんだと思ったよ
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR