トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ジュリアナ系音楽は作業用BGMになり得るか?

大江戸ジュリアナイトが好きです
次の超歌舞伎の演目、これになんないかな



歌舞伎役者の皆さまにはぜひ、美府なボデコン(※)どもを演じていただきたく…
恒例の青龍殿も是非、欲望のお立ち台にてミクさんと勝負していただきたいなぁ

※曲では”ボデコン”と言われていますが、当時の通称は”ボディコン”
 ボディ・コンシャス(body-conscious)→「体を意識している」の略語で、日本では
 身体のラインを強調する、ピタッとした主にミニスカワンピースのことを指す



さて、この曲をきっかけにジュリアナ系テクノ音楽
…バブル時代の伝説のディスコ ジュリアナ東京でかかっていた音楽を
ぼちぼち聴きはじめたんですが、これは




わたし自身が、どうしてもバブルからちょっとズレた世代なので
アガる曲!というよりは、ちょっと懐かしいオシャレ系テクノ音楽って感じで聴いてます
(わたしがアガるのは、田中公平系音楽です←どうでもいい)

個人的には、昔、弟が茶の間でひたすらプレイしてた
レースゲームなんかの音楽を思い出しますね(世代が…)


ぼんやり聴いてると、けっこう心地よいリズムなので
作業用BGMにかなりイイですね、キータッチが軽くなります

そして実は、睡眠用音楽なんかにもしています
テンポがいいので、頭がからっぽにしやすいんですよね



そういや、ふと思ったんですが
今われわれが”クラシック”と呼んでいるジャンルも
かつては、流行り音楽だったわけですよね?

てことは、当時の人々にとっては
あれがアガる音楽だったんでしょうか?


今、私達がアガってる音楽も、いずれは
クラシックになって、ヒーリングミュージックになったりするんでしょうか?


まぁ、クラシックまでは分かりませんが
近い未来の老人ホームでは、テクノ系の曲が流れてそうですよね
その頃の若者はきっと、テクノ系を、演歌みたいなものと捉えてるかもしれません


なんて書いてたら、なんだか眠くなってきたぞ…
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR