トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ユーリオンアイス10話に見る昭和

ユーリオンアイス10話
ヴィクトルが勇利のコーチになったきっかけのきっかけ

ついつい絵面のインパクトに目を奪われちゃうけれど
よくよく考えたら、酒の席で相手の懐に入り、場がほぐれたところで
すかさず自分のお願いを聞いてもらうという、昭和ニッポン的なテクニックの話でしたね
(勇利くんのは天然でしょうが)

しかし、スケートに全然関係なさそうだった親御さんの資質が
結果的に勇利くんのスケート人生を豊かにしたのだと思うと
なかなか味わい深いですね


ビジュアルが華やかだったり、SNSの描写が多いところなんかで
最近の若者による、お洒落なスケート事情の話かと思いきや(偏見)
人間関係に関しては、たまに「朝ドラか!?」と思うほど、ベタで古臭い

女性向けの作品には安定した土台が不可欠!というのがわたしの持論ですが

ユーリオンアイスの土台…強いな
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR