トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日比谷シャンテでシン・ゴジラさんを激写す

日比谷シャンテに行ってきました!
東京宝塚劇場の近くにある、あの日比谷シャンテです!

今回のお目当ては、この方

DSC05837_20.jpg

DSC05839_20.jpg

シン・ゴジラさん!


うぉぉ、すごい迫力
生きて帰れる気がしない…




こちら、日比谷シャンテ4F、八重洲ブックセンター前のスペースに
展示されている、シン・ゴジラさんです

引きで撮るとこんな感じ

正面
DSC05823_20.jpg

右ナナメ前
DSC05830_20.jpg

右横
DSC05824_20.jpg

左横
DSC05828_20.jpg


…この、背景とのアンマッチぶりがすごいですね!

日比谷シャンテの客層とシン・ゴジラの客層なんてほとんど被りませんから
この像の写真を必死でパシャパシャ撮ってたのは、わたしひとりだけでした

3~4枚目の写真を写真を見ていただければ分かるとおり
他のお客さんは、いたってクール



…そういや、通りすがりのカップルが

「え?ゴジラってこんなに手ちっちゃいんじゃ
獲物が取れないんじゃないの?」

なんて会話してたんですが

DSC05848_20.jpg

…いや、このシン・ゴジラの手が小さいのは
この形態が生物としての進化の最上位だから、敢えて手を使う必要がないので
退化してちっちゃくなって…

というアツい説明をぶちかましたくてしょうがなかったのは内緒です
リア充爆発しろ!



…いや、でもそういや
日比谷界隈もゴジラの襲撃受けて、炎の海に包まれたんじゃなかったっけ…?

銀座が燃えたのは覚えてるんだけど、日比谷だと皇居だいぶ近いからなぁ…どうだったっけ?



しっかし、このゴジラ
顔や手も凄いのですが、何より目を引くのは

DSC05844_20.jpg

ごっつごつの背中と

そこから流れるように伸びる

DSC05825_20.jpg

巨大な尻尾…

実は尻尾が本体なんじゃないか…?と思わせるほどのインパクト!



尻尾の先はもう、別の生き物みたいですね

DSC05841_20.jpg

ラストシーン、あのヒトガタのアレは、この尻尾についてたんですよね、確か…
この模型ではそこまで再現されてはいませんでしたが(再現されたら困る)


とにかく、尻尾自体の躍動感が凄くて
立って見てるだけなのに、ひっぱたかれるんじゃないか?と思うくらいでした

いや、ひっぱたかれるくらいで済むわけないけど


あと、個人的に
じっくり見られて嬉しかったポイントが

DSC05846_20.jpg

DSC05836_20.jpg

足下

意外とつま先立ち?


本体と尻尾の大きさの割に、足裏の接地面積が狭いのが衝撃でした

ティラノサウルスのように、尻尾でバランスを取っているならともかく
胴体が直立でこの足だと、歩行できないんじゃないの?


…まぁ、シン・ゴジラ第五形態は
佇まいがどこか幽霊を思わせるところもあったので

普通の生物のように考えること自体が、無理筋なんでしょうけど



そして、割とどうでもいいことですが
このシン・ゴジラ写真、全て”ペット撮影モード”で撮影しております

DSC05839_20.jpg

アップの顔が、案外可愛く映ったのは


撮影モードのおかげかもしれない…
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR