トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

MIKU-Pack 17号 やっと手に入りました

今日遊んだ成果
未來さんの勉強部屋風



DSC03747_20.jpg

机にはノートとテキスト…いや、こりゃ少女向け小説ですかね?
未來さんってばやっぱり女の子!
(しらじらしいネタを…)

あとは3色団子が3本も…おやつを食べながらの読書はお行儀悪いですよ!



おっとそういや、机の下に何かあるみたいですが…?

DSC03747_35.jpg

…未來さんちょっと!そういうのはちゃんと隠しておかないと!!


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

というアレで、のっけから微妙な小ネタを突っ込みました きりたちです
15日発売だったミクパック17、本日ようやく入手しました~

近隣の本屋では相変わらず取り扱いがなく、今回も通販購入です
やっぱり隔月刊紙って、扱いにくいのかな?


ま、ともかくミクパックですよ
今号は、「おお!」&「ええ???」って感じで(「ええ?」の方が多い)
いろいろ言いたいことあるんで
続きの先に、ダラダラ書いてます

超個人的感想なので、購入を迷っている方の参考には
全くならないと思います
ミクパックに思うところがある方向け?…でもないか

それでもよければ



なんか、漫画が最終回ラッシュなんですけど?

今号で幸福安心委員会(これ2話分だよね?)一気に最終回だし
次号でJust Be Friendsも最終回ときたもんだ
夢喰い白黒バクは前号最終回だったし…

幸福~は、ストーリーがストーリーだから
いつかは終わりがあるだろうと思ってたけど、まさかこんなにパタパタっと
畳みかけてくると思わなかった

けっこう長い連載だったし、なにより毎号安定して掲載されてたから
今号いきなり最終回って本当に驚いた
なんか 勿体ない感じするな


残る漫画は、千本桜と千本桜アンソロジーと
1925か…(これは今回休載だったみたいだけど)
あと、漫画じゃないけど、てにをは妖怪よろず日記ですね

とはいえ、1925はコミックス1巻目が”上巻”ってことになってるので
終わりの時期は既に決まってそうですけどね

千本桜のも、小説版のどこ分までコミカライズするか分からないところありますからね
1巻の分だけで終わり(俺たちの戦いはまだまだ終わらないぜ!式)って可能性も大いにある

付録CDが、初期名曲一気収録(しかも過去最大ボリューム)っていうのも
喜びより先に、不安が襲ってきます

プレ3周年って言ってて、18号へのお便り募集もかけてはいるけど
なんとなーく、蛍の光が聞こえてきそうな…



あ、千本桜といえば
小説最終巻の発売日の告知出ましたね
3月31日…よりによって、1年で一番忙しい日に発売かよ!
(ちなみに、千本桜と千本桜アンソロの発売日は3月26日)

3月31日から4月1日にかけては、入社式準備とか入社式で
バタバタしてるからなー
あーあ、最終巻も出遅れるかぁ… まぁ仕事だし、しょうがないね

5巻表紙は、未來さんとあっちバージョンのルカさんか…
流歌さん、衣装の色こんな感じなのか…なんか、なんだろうこれ
ものすごく「少女革命ウテナ」感が…

クライマックスは、未來さんと流歌さんが世界を革命しちゃうんだろうか…
いやいや、まさかね


そういや、千本桜漫画本編で海斗兄様見るの久しぶり
漫画版海斗の見た目、結構好きなんですよね

コミカライズ予告の時は、最近のイケメン風(?)のビジュアルだったので
ちょっと、ええ?と思ってたんですが
連載始まったらデザイン変更されててものすごく安心したのを、今でも覚えてます
女子小~中学生ウケは悪そうだけど


海斗のあの見た目って、少女マンガ的には
主人公の”相手役”というよりは、”身内”や”保護者”の造形なんですよね
(「カードキャプターさくら」の桃矢お兄さん的な感じ)

コミカライズする際に心配していたことのひとつに
海斗と未來が、兄妹とはいえやたらベタベタする描写が多いことだったんですが

漫画版の兄は、どんだけ未來を抱え上げようが、馬にお姫様乗せしようが
現段階では、ひたすら”保護者”に見えるところがいいですね!
少女読者への配慮が行き届いてますね!

旧デザインの海斗は、けっこう”相手役”寄りの造形だったんで
どうなるもんかと危ぶんでたところはあったのですが

いや、現行兄様は本当に 絶妙なデザインですよ!
ありがとう石見さん!ありがとう!!



…さて、次号は3月15日発売らしいんですが
予告が、表紙がKEIさんの桜ミクってこと以外は、ものすごくざっくりしてますね~
うふふ

時期的には桜とか卒業とか…
発売が迫った最終巻の特集とかもするんだろうなぁ

思えば、ミクパックの0号の巻頭特集も
千本桜の世界だったんですよね
懐かしいなぁ…

私は、コミックももちろん楽しんでるんですけど
初期のミクパックの感じの方が、実は好きだったかなぁ…

とはいえ、ミクパックの変遷ってそのまま
”初音ミク”コンテンツへの需要の変遷、という見方もできそうなので
それはそれで興味深いのですが…


…うーん、ミクパックについて書こうと思うと
結局最後は微妙な気持ちになっちゃいますね

いろいろ難しいや、難しいね!
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR