トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

3冊並べるとなにかおかしくなる

ちゃんと会社行きましたよー!
連休明けに会社休む(休む連絡する)のも気まずいですが
翌日に出社するのも気まずいですよー!
謝ったけど気まずかったですよー!

という感じで、日々自業自得のきりたちです


気まずさを振り切るために、本屋に行ってきました
欲しかった本をまとめ買いして、憂さを晴らすのです

そして買って来たのはこの3冊です、ドン!



・『ジャンプ流!』vol.1「まるごと鳥山明」
・宝塚イズム 32
・K.Nakashima Selection Vol.22 五右衛門VS轟天

…なんだこの取り合わせ!


いや、これはそれぞれ2冊ずつセットにすると
そんなにおかしくないんですよ

・『ジャンプ流!』vol.1「まるごと鳥山明」
・宝塚イズム 32
なら、漫画つながり!

宝塚イズムはちょうど「るろ剣」の宝塚化の流れで、
マンガと宝塚の関係について特集しているのです
この2冊だけなら、「ああ、この人は漫画が好きな人なのだな…」となるわけです


・宝塚イズム 32
・K.Nakashima Selection Vol.22 五右衛門VS轟天
なら、演劇つながり!

宝塚イズムは、2015年5~10月の宝塚の公演評が載ってますし
五右衛門VS轟天は、劇団☆新感線の公演脚本
この2冊だけなら、「ああ、この人は演劇が好きなひとなのだな…」となるわけです


・『ジャンプ流!』vol.1「まるごと鳥山明」
・K.Nakashima Selection Vol.22 五右衛門VS轟天
なら、熱いバトルものつながり!

「ドラゴンボール」は言わずもがな
五右衛門VS轟天も、アニメファンなら「グレンラガン」や「キルラキル」でおなじみの
中島かずき氏の脚本ですからね!熱い男達の、はちゃめちゃな戦いが描かれています
この2冊だけなら、「ああ、この人は熱いバトルものが好きなひとなのだな…」となるわけです


そう、2冊ずつならそんなに変じゃないんです
それなのに、3冊まとめて並べると、なんでこんなにまとまりが無いのか…

写真を見ると、特に宝塚イズムの存在感がすごいですね
表紙は花の写真と文字だけなのに、”宝塚”という2文字が入っているだけで
えもいわれぬ耽美感…さすが宝塚



これまとめてレジに持って行くの気まずかったです…って
結局どこに行っても気まずい日でした
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR