トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ゴースト感想11話&12話…恥ずかしい話

どうも、ずいぶんと感想サボったきりたちです
今更だけど、改めて感想書きます

いや、11話・12話とも視聴自体はリアルタイムでしたし
感想の下書きも、何度かしてみたんですが
なんか、どうしても展開に理解と気持ちが追いつかなくて
結局書けずじまいでしたねー


11話は…イベントはたくさんあった回だったとは思うんですよ
西園寺の野望は潰えましたし
タナボタ式に英雄の眼魂の力を得たタケルは、
前回宣言した通りカノンの復活を願い、
それによりタケルとマコトは和解し、共に戦います

ただし、その前の話で触れられていた、
タケルに生き返ってほしいという皆の気持ちについては
ラストでアカリが呟いた程度で、ほとんど触れられていません
もちろん、カノンが蘇るという、マコトにとっての悲願が達成された前で
そんな話はできない、というのもあるのでしょうが

どうしても、11話では
凄く大事な部分がごっそり落ちたまま話が進んでいるように見えて
タケルとマコトの共闘シーンも
大技のシーンも、なんか全然気持ちがついていかなかったんですよねぇ…


なんて思ってたら、12話では、
11話で触れられなかった部分
タケルの心の揺れと覚悟、仲間との絆についての話になりました

カノンの命と引き換えに、期限が迫っている自分の命
冒頭、自分の決断に対して揺らいでいる描写があったのは
先週の話の穴(そして私の違和感)を埋めてくれて、良かったです

タケルの復活を願って最後まで眼魂を探す仲間たち、しかし成果は上がらない
彼らに感謝しつつ、思い出を積み上げて行く描写も良かったです
30分とは思えないほど充実してたと思います

ただ…ただなぁ…

あ、これから先はひたすらネガティブなこと言ってます
ご注意ください



タケルの復活について、ちょっと??と思っちゃったんですよね

私は、“仮面ライダーゴースト”の状態って
モラトリアムだと思ってるんです
それは、期限があるけど、そこまでの間戦いでは死ぬことがない
つまり、取り返しがつかない事態にならない

命燃やすぜ!という割には、「なんちゃって」感、「ごっこ」感があるところが
モラトリアムっぽいなーと思ってました

ここまでの話を見て、タケル自身も確かに成長はしていますが、
まだまだモラトリアムから抜けてないように見える
タケルが生き返るのって、まだ早いんじゃないの?

…なんて思ってたら、案の定 ゴースト状態が継続という話になりました
父の助けというのは予想外でしたが

これって、ものすごく意地悪な見方をすれば
親に責任をとってもらったってことですよね

ものすごく悪い言い方をすると
自分がいっちょまえのつもりで決断したものの
どうしても取り返しのつかない状態になったので、親が代わりに責任をかぶってくれた
という風にも見えてしまう


私からすると、仮面ライダーゴーストって
ものすごく恥ずかしい話なんです

あ、恥ずかしいっていうのは、ゴーストが恥ずかしいんじゃなくて、
ゴーストによって、私が恥ずかしかった時代を思い出すっていう意味です


私は、鎧武の頃からライダーを欠かさず見るようにしてきたんですが
どの作品も、これまでの自分の人生のどこかの経験や、その時の気持ちと
リンクしてた感じがあるんですね

例えば鎧武なら、高校生頃から感じ始めた、大人になることへの不安感や
就職活動中に感じた、自分の価値への不安感

ドライブなら、社会人になってから感じるようになった
自分の正義感と、職責の折り合いなど

どの作品も、真剣に見れば見るほど、それぞれに近い“あの時のあの感じ”が蘇る感覚があったんですね
そして、それはこのゴーストにも感じてます


ゴーストで思い出すのは、小学生時代の自分
それも、純粋で夢を見ていた頃の気持ちというよりは
自分の身の程も知らずに、根拠の無い万能感を持っていた自分の方ですね

いっちょまえな事を言っていても、結局自分の始末は自分でつけられず
親に尻ぬぐいをしてもらったあの時代
(具体的なエピソードは書きたくもないです)
仮面ライダーゴーストって、どうしてもあの時の
“恥ずかしい”自分が蘇る…

なもんだから、ここまでの1クール、私にしてみれば
視聴するたびに蘇ってくる恥ずかしい思い出との戦いであり
12話は、完全にトドメだったわけです

ああ、2クール目もそんは日々が続くのか…


…いえ、ちょっと違いますね
12話でタケルは、(父親にフォローしてもらったとはいえ)
自分の決断と、それに伴って直面する現実を体感しています

つまり、挫折の経験、責任の実感と
そこからの復活ってことですね
これは、若者の成長にとって、大事なことです
私もいろいろありましたよ!…まだ乗り越え切ってないことのが多いですけど!(私情)

ということで2クール目…再度自身の復活を懸けて戦うことになったタケルが
どのように変化し、成長しているのか

今度こそ延長は無しですからね
楽しみに見守っていこうと思ってます

でもって、ゴーストの放映が満了する頃には
私の”恥ずかしい”思い出も、成仏させられればいいなぁ…

 ・

 ・

 ・

と、ここからはどうでもいい妄想

実は、仮面ライダーゴーストって
仮面ライダーでスターウォーズをやったらどうなるだろう?っていう
話なのかと思ってた時期がありました

いや、理由は単純で
タケルの服装がルークに似てるとか
そういや、天空寺っていうのは、スカイウォーカーから来てるのかも?
…って思った程度なんですけど


フォースに光の側面と闇の側面があるように
英雄にも光の側面と、闇の側面がある

例えば、織田信長やビリーザキッドなどは
正直、偉人といえどもちょっと…というエピソードも多い人物
次の眼魂も石川五右衛門ですし…どうも今回の偉人って
微妙なラインの人が目立つんですよねぇ

ということは、第2クールは、英雄たちの闇
つまりネガティブな側面についても
触れるシーズンになるのではないか?

そしてタケルは、偉人達の偉業や志に憧れるだけでなく、
彼らの人間としての悩みと苦しみを知り
そのどちらも受け入れることにより
眼魂すべてを繋ぐ者となるのではないか?



…とかね!
そんなわけないか!



以上、長い割に個人的な話が多いアレになってしまい
いつもながらすいません

ここまで読んでくださってたら、ありがとうございます
本当にありがとうございます

年明け一発目の放映が楽しみですね
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR