トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

うたプリファンのお金の使い方がすごい件

会社の子(お互いオタクだと知ってる同士)に、
うたプリこと「うたの☆プリンスさまっ♪」のアニメ視聴を勧められているのですが

その際に聞いたうたプリファンのグッズ購入エピソードが
私にとってはそのアニメの話より衝撃で

なんかいろいろ考え込んでしまったので、それを含めて書き残しておこうかと思います

以下、聞いた話を箇条書き


・痛部屋の公開
自分の好きなキャラクターグッズで部屋を飾り、その写真を公開するというもの
私が見せてもらった写真では、壁と言う壁にキャラクターのポスターやら、抱き枕カバーやらが飾ってありました

・グッズ買うのに徹夜組
イベント限定グッズなど、購入するためには朝4時から並んでないと遅いらしいです(始発出発じゃ遅い)
そのため、現地では女性の徹夜組が大量にいたとかなんとか

・ラバーストラップの箱買い
35箱とか、60箱買ったりしてる人がいるみたいです
ひと箱では全種類揃わないかも知れないし、シークレットや箱買い特典がつくから
それに、最終的に交換もするから、たくさんあっても大丈夫っていう理屈らしいです

・おんなじキャラクターのストラップを集める
自分の好きなキャラクターのストラップを集め、携帯に付けまくるほか
同じもの、本当に同じものをひたすら(交換などで)あつめるらしいです
そのキャラクターの誕生日に、そのストラップでハート型のオブジェを作った人がいるとか

・店舗ごとに違う特典、どこで何個買う…?
どこの特典がいいか、じゃなくて どこで何個ずつ買うか という世界だそうです
これも、最終的に交換もするから(以下略)という理屈らしいです

…というアレで、なんやかんやで ファンはひと月10万づつうたプリグッズにつぎ込むとのこと
別途同人活動なども行うと、支出はとんでもないことになるそうで…はぁぁ

正直なところ、話を聞いてた時は
「話の内容は分かるけれど、意味が分からない」状態で
いくらなんでも、これは…と思っていました

なので、話を聞いた日
家に帰ってグーグル検索かけてみたんですが
彼女の話は、どうやら誇張されているというものでもないようで…


さて、こういったグッズ購入などについて、ひと昔前は

・コレクションにはまるのは主に男性
なぜなら、シリーズを体系的に集めることによって、男性の支配欲を満たされるから

・逆に、女性はコレクションにお金を掛けない
自分の好きなものだけをピンポイントで購入し、不要なものはまず買わない
抱き枕なんて邪魔なもの、売れない

そんなこと言われたりしてたので、女性向け市場でキャラクターグッズというのは
あまり売れないものというイメージをずっと持っていたのですが
この状態は一体どういうこった?

ちなみに、キャラクターグッズを買う動機として
お布施(本当はそんなに購入意欲が高くないが、今後もこの作品で商品展開を続けてほしいという意思表示をするため買う)という考え方もあるんですが
金額を見て分かる通り、そんなレベルは遥かに超越しています…ううむ

話をしてくれた子は、
「女性オタクのグッズの買い方が男性オタク化してきた!」という見解だったのですが…
うーん、そうなのかな?


今回の話で気になったのが、“交換するから”っていう考え方

そうそう、女の人って最初から“交換”を目的として物を購入することが多いんですよね
例えばプリクラ あれがあれだけ流行したのは、もちろん自分を可愛く撮れるというのもありましたが
何より、撮ったシールを友達と交換するというのが最大の目的でしたし

私がリアル小学生だった時代を振り返っても、可愛い折り紙とか可愛い消しゴムとか
友達同士で交換するために購入するって、日常行動でした

なので、今回の話なら
ラバーストラップや、購入特典なんかが こういった目的のための大量購入なのかな?と

こういった細かいグッズの交換というのは、小・中・高校生くらいに特有のものと思ってましたが
どうやら年代、カルチャーが変わっても、なんらかのグループを形成している女性のコミュニケーション手段としてはかなりポピュラーなものみたいですね


あと、同じストラップを集めてオブジェを作るとか、痛部屋を作るというもの
こうったものを公開する目的って“私こんなに痛い人なの!”アピールすることなのかな?

女子同士の会話でしばしば登場する、“私ってダメ”アピール見たいな感じで
ネガティブなアピールをして、それに対して“そんなことないよー”と言ってもらったり

あとは、これはひねくれた考え方かもしれないですが
こういう痛さアピールすることによって、グループ内で叩かれないで
でも、その中でちょっとした有名人になる、みたいな狙いがあるのかなぁと思ったり

そう考えると、数や単位など、より痛い感じを競うようになったのは、SNSの発達により
昔(クラス、サークル)に比べて、グループが大きく、また年齢層も広くなったせいで
ちょっとやそっとでは目立たないから

そしてそもそも、女子がこうったグッズ集めに走るようになったのも
現時点では、グループ内でのコミュニケーションが、ツィッターなど短文形式のツールが主流なので
エピソードや数字、1枚絵のインパクトを求めた結果では?と思ったりしました


上記はあくまで聞いた話ベースで考えていることなので、彼女らの真実はどうだか知りませんが
でもやっぱり、女の人って
・グループ内でのコミュニケーションを円滑にするもの
・グループ内で(メンバーからの反発を受けずに)自分のポジションを確立するためのもの
に対しては、労力やお金を使うことに抵抗ないものなのかなぁ と思ったりしました

もちろん、うたプリが好きなのは大前提でしょうけどね
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR