トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ドライブ43話…あとひと月か…

ドライブの撮影、8月20日でオールアップだったようですね
もう8月も終わり…そういう時期ですもんね キャストの皆さまお疲れさまでした

こうして、ドライブのラストがいよいよ迫っていることを実感するにつれ
日々考えるのは、最終回のこと
どんな最終回になるのかなぁ…

そして私は、どんな最終回が観たいのかなぁ…


うーん、どんな最終回であろうと受け入れるつもりではあるんですが

そうだなぁ…ドライブは、あまり奇をてらったような話よりも
ベタだけど王道な感じで締めてもらいたいなぁ、とか思ってます



■格好つけてクールガイを気取ると、君は必ず失敗する

というわけで、ここに来て急にラブコメ度数が上がったライダー陣営
なんか、最終決戦前だと思えば思うほど、こういう他愛の無い展開が
あとからじわじわくるんだろうなぁ…

しかし、…ベルトさんから進ノ介への助言がリアルすぎてなんか
日曜朝から凹まされましたよ、私も

まぁ、よく解釈すれば”いつも通りがいいよ”ってことなんでしょうけどね


しかし、進ノ介さん”霧子に惚れてた”…惚れる、っていう言葉聞いたの久しぶりな気がする
意外と言葉遣いが古風なんですね

そういや、霧子に対して
進ノ介「惚れている」
チェイス「愛している」
っていう表現なわけなんですが

ストレートに”好き”っていう表現使わせないあたり
少年向け作品っぽくて、なんか可愛いですね


■ロイミュードの可能性

前回のメディック
そして、前回の引きから今回にかけてのブレン

ハートだけではなく、ロイミュード幹部がそれぞれ
これまでとは違う、利害や対立を超えた思いやりや憐みの心を
表出するようになってきまいsた

ロイミュードは単なる悪役ではない、っていうのは
これまでのエピソードでも触れられてきてはいましたが
ここに来て、一気に畳みかけてる感じですね


■ブレンとメディックの違い

そういや、前回のメディックはコピー元の2人(1人と1匹)の感情を改めて知ることで
超進化体となったわけですが

今回のブレンは、自分のアイデンティティーと思っていた
ハンカチや眼鏡が、全てコピー元の人間から得た借り物であったことに苛立ちました

メディックの件で、人間(厳密には犬も入ってますが)の美点にコミットすることで
ロイミュードに善性がもたらされると思っていたのですが
今回のブレンの感じですと、逆にコピー元の否定に入っているように見受けられますね…

…彼は、次回ここからどうやって踏み出すのか?


そういや、ブレンとメディックの違いとしては
ブレンは、危機的状況の時に偶然居合わせた人間をたまたまコピーしたわけですが
メディックは、自らが興味を惹かれた者をコピーしてるんですよね

となると、両者とも”人間をコピー”という行為は同じでも、
メディックの方が圧倒的に主体的に行っている感じに見えますね

…逆にブレンは、ここに至るまで自分の特性だと思っていたものが
結局ただの人真似であったことを悟りますが
これってつまり、ブレンはまだ自我が確立してなかったってことなんでしょうか?

次回、彼は一大決心をして何かを遂げようとするみたいですが
コピーである自分に絶望することによって、彼は初めて自身の本当の望みというものに
目を向けるのかも知れませんね

このドライブという作品では、進ノ介が大人として”取り戻す”ポジションですので、
少年から大人へ…という”成長”の要素は、(剛には悪いけど)実はロイミュードの方が
担っているのかも知れません…


という、なんだか分かったような分からんようなことを考えながら
今週もダラダラと消えていったのでした…



以上、相変わらず、相変わらずな感想になりましたが
最後までお読みいただきありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR