トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「バケモノの子」を観たので

世間ではどんな評判になっているのかよくわからんのですが
調べちゃうと感想書きにくいので

とりあえず、観終わった直後テンションでの感想いきますね






…クライマックス~ラスト、もし映画館の椅子が外せたなら
スクリーンに投げつけてたかもしれません

うん

途中までは、「やっぱり夏休みには、こういう映画が欲しいよな~」
と思って観てたんです
こう…東映作品の夏の劇場版っぽい感じの、少年の戦いと成長の物語
ちょっとベタすぎるところもあるかな?と思ってたんですが
それがまた気持ちいい!と思ってたんです

それだけにあのクライマックスが…!



以下、ネタばれにもならないネタばれを含む感想が続きます
興味のあるかたはどうぞ↓


とにかくクライマックスなんですよ!
あれが好きじゃないんですよ!

あそこで、なんか大切なものをダメにされたみたいで…なんか
感動とは違う意味で泣きたかったんですよ


あのクライマックス…熊徹が付喪神となって
胸の中の剣として胸に吸いこまれていくシーンなんですけど

いや、分かるんですよ
”胸の中の剣”ってどういうものか、なにを表しているのか
そして、あのシーンはどういう意味があるのか…でもさ

あれって、もう、表現としてそのまんま過ぎるだろ!
説明として行き届きすぎてるだろ!
って思うんです

作中でも言ってたじゃないですか、「意味は自分で考えろ」って

でも、考える前に 答えを全部出しちゃってるじゃないですか!


あの剣って、言ってみれば
ワンピースなら、シャンクスからルフィへ渡される麦わら帽とか
グレンラガンなら、「あばよじゃねえよ、一緒だろ」とか
そういう感じだと思ってます

これらは、余計な説明が無いからこそ美しい
あんまりいろいろ見せすぎたり、言いすぎちゃうと無粋になる
そういうものだと思っています
あくまで「意味は自分で考えろ」なんです

それなのに、熊徹が付喪神となって~って説明とか
物理的に胸の中に吸い込まれるシーンが描かれるとか…
個人的には、あまりにも説明が乗り過ぎ、分かりやすく見せすぎ
しかも、熊徹と会話(しているようなシーンが挿入される)って
行き届きすぎてると思っちゃうんですよね…

うーん…個人的にはもっと、乱暴に放り投げられても良かったっていうか…
観客にいろいろ委ねて欲しかった気がしてるんですが…




というアレで、本当にさっき見たテンションでぶちまけてるんでアレですね
あとで冷静になったら死ぬほど後悔しそうですが

…まあ後悔って、後でするものなんで(死亡フラグ)


ということで、なんか外してる感がバリバリの「バケモノの子」感想(頭沸いてる版)でした
ここまで付き合って下さった方、ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR