トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ドライブ38話…ドライブはグレー

ドライブの感想は、あんまり時間をかけすぎると
こじらせてダメにしちゃうんですよ!

これまでの経験上、仮面ライダードライブっていうのは
素直な気持ちで、ストレートに観るのが一番なんですよ!
なんですけど…


…今回もいろいろこじらせました
なんか、うまくいかないなー、うーん…

というわけで(?)、まずはこの話題から


メディック!メディック最高!
脇とか二の腕とかたまらん!
今回、まさか退場…?と危うんでいたけれど、生存おめでとー!


うん

いやぁ、今回はとにかくメディックがエロ…あ、いや 可愛かったです

前回のラストから、今回の前半まではね
とうとうハートの逆鱗に触れたかと…これまでの報いを受けるのかと
ドキドキしながら観てたんですが、いやぁハート様ってば
私なんかの想像をはるかに超える器の大きさ

そして、今回の一番の見所?ハート様の抱擁シーン
ここね、カメラがグルグル回るのをいいことに
メディックの脇とか二の腕ばっかり観てましたよ
いろいろすいません

しかしね、「あの人の心を取り戻せない」とか、昼メロみたいなこと言ってるのに
そんな中で思い出すのは、二人でランチしたあの昼下がりとかね…
なんて健全な愛欲なんだろう、さすがニチアサ

でもね、正直、ハートがあんな感じなんで
特定の誰かに愛情注ぐとかも考えにくいですね
ハート様ってば悪い男だ

そんなんで、メディックが超進化できるかどうかが
ちょっと微妙な気もするんですが…

…がんばれメディック!


■ロイミュードって、人間でしょ?

とにかく、今回はハートですね

先のメディックの件もあれですが
ベルトを失った進ノ介に対しては攻撃を加えなかったり
マッハの攻撃からメディックを守ったドライブに対して礼を述べたり

もともと、ロイミュードとはいえ人格者(?)と思っていたのですが
やはり、というか流石というか、001も認めるだけの“王の器”ですよ

正直、ハートが支配するならロイミュに譲ってもいいんじゃない?と思いかけた
いやいやいや、勿論そんなわけにいかないけど、
でも、これまでの事件で散々人間の暗部を見てきたわけだからね
一瞬ぐらっと来そうになる…危ない危ない


しかし、ロイミュードって
なんだかんだいって、やっぱり人間なんですよね

いや、確かに彼らは機械生命体ではあるけれど
彼らの能力の源は、あくまで人間の欲望
物語上は“怪物”だけど、彼らは“力を持った人間”とも解釈できるわけで

なにより、ハート自身が言っている
「俺たちは戦い、進化する。人間の歴史と同じじゃないか。」
「俺たちは人間と違わないさ」

…うーん、しかしそれと同時に彼らは
人間と戦うことによって進化を遂げたい、人間を超えたいという望みもあるわけで
チェイスや072のケースなんかを思うと、共存共栄も可能なんじゃないか?
と思いたいんですが、なかなかそう上手くは行かなそう

そうなると、今回のハートとのやりとりで進ノ介が言った
「人間を脅かす限り、俺はお前たちと戦う そして倒す!」
っていうのが、もう答えなんじゃないでしょうか?


■究極の答え

ロイミュードの数:108っていうのは、恐らく煩悩の数だろうし
約束の数が4ていうのも、喜怒哀楽のことなんじゃなかろうかと思ってます
(ハートが喜、ブレンが…ブレン何だろう?)

なので、人間が永久に、煩悩や感情と共に生きるように
人間とロイミュードとのせめぎ合いも永久に続いていくのではないか?

そして、そんな中でも皆の為、正義の為に自分を律する心
それが仮面ライダー

人間とロイミュードの縁が続く限り
仮面ライダーとロイミュードとの戦いも、永久に続く

…とかね、ちょっと無理やりな部分もありますが
それでも、今回の進ノ介とハートのやり取りが
究極の答えのような気がしちゃってるんですよね


■仮面ライダードライブはグレー

そう思うと、ロイミュードを全部倒そうとしている剛って言うのは
まだ正義に夢を見ているライダーなのかも
“(ロイミュードを)全部倒す”っていうのは、
世界が白と黒に分けられると思っている発言ですからね

でも、仮面ライダーとロイミュードの戦いっていうのは、かなりグレーな部分が多い
人間が必ずしも白でないように
ロイミュードも、必ずしも黒ではない

今作でドライブというライダーが主役になっているのは、このグレーな部分に対して、
マッハのような正義感や、チェイスのような使命感とはまた違った感性が
必要だからだと思ってます

人間にもロイミュードにも、光と闇がある
闇を消し去ることはできないけれど、それでも光を信じて
闇を少しでも減らしていくために戦い続ける
主人公が人間であること・警察官であること・仮面ライダーであることの
最大の意義は、ここにあると考えていますし

親から子へ受け継がれる物語になっているのも、この戦いが
過去から現在、そして未来永劫続くからだと思っています


最後の1クール、どう盛り上げ、どう決着をつけるのかは
まだまだ想像がつきませんが

いち視聴者としては、人間として生きていくことに
希望があるENDにしてもらいたいなぁと思っています





…ということで、なんかまとめっぽいこと書いちゃってますが
実際のところ、この先どう盛り上げていくんでしょうね?

蛮野博士の“クリムの一面しか~”という発言
あれがもし映画の宣伝だけでなく、本編にがっつり絡む発言であるならば
この先の戦いの中で、仮面ライダーの多面性の方に
フォーカスが当たる展開になるかも知れません

そうなると、クリムと進ノ介、蛮野と剛、クリムと蛮野あたりで話が盛り上がる?
あれ、でもロイミュードはロイミュードで超進化が進むんだよね?
え?残り話数大丈夫???


…なんて心配してたら、次回はチェイスが免許取りに行くってマジか!
どうも、最終局面だって言うのに相変わらず振り幅が読めない作品ですね
(そんなこと言って、予告詐欺の可能性があるのもこの作品の特徴ですが)

もう本当に、先が読めそうで読めない仮面ライダードライブ
来週も、いや来週こそは、もっと素直な心で
視聴していこうと思います


ところで、蛮野博士の名前の由来って
万能とかから来てるんでしょうか?
あのタブレット、チートすぎる



…ああ、最後の最後でまた脇道に逸れてしまった
こんな感想ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR