トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ドライブ34話…仁良課長への妄想が止まらない

今回は、メインのストーリーは進ノ介にフォーカスが当たっていたし、
科捜研でも、ずいぶん個性的な人が出てたし
ハート様との熱いバトルという見せ場もあったのに

ラスト~次回予告の仁良課長とブレンが全部持って行きましたよ

なにあれ次回予告!椅子座ってくる~りと振り返る仁良課長格好良すぎる
能見くんも久々!

2人とも、もともと芝居のテンションが高い役ではあったのですが
コンビになると相乗効果で更に凄いですね、最高のパートナーじゃないですか?

特に今話のラスト
ブレンが仁良課長を抱擁したシーンとか、子供たちポカーンなんじゃないですか?
いえ、大人でもポカーンですけど

そんな仁良&ブレンが最高にフィーバーする次回
残念な頭脳派2人は、一体どんな花火を打ち上げるのか!
そして、超進化はやはり死亡フラグなのか?

ああ、またしても来週が待ち切れない…と思ってたら、
次回放映は28日だって!?再来週じゃん!来週放映お休みなの??

ちょっとちょっと、まさか嘘でしょ?
こんな面白いところでお預けくらうとは思いませんでしたよ
うーん、焦らしますね


しかし、前作(鎧武)の光実といい
今作の光秀といい
どうしてこうも、裏切り者の役に“光”という字を使いたがるのか

仁良さんは、明智光秀からとった風もありそうな気がするけど
光実は、今改めて、かなり皮肉な名前だなと思うのでした



■とにかく仁良課長

…真影に見限られてドライブ側に寝返った小物だけど、
ちゃんと謝罪もして、
ここのところは、なんだかんだいってメンバーの為にも動いてくれてるし
まぁ、なんだかんだ言ってもそんなにひどいヤツでは無かったんだろうな

と思った矢先にコレですよ
まさか、進ノ介の父を撃ったのが彼だったとは…

そして、その場に居た001の記憶操作能力によって
自分の犯した罪を、無かったことにしていたとか…

しかも、自らもロイミュードと融合し、証拠隠滅を行うとか
なんだこのクズっぷり

…以前、仁良課長が真影長官のところに“長官のロイミュード疑惑”を報告した際には
真影をロイミュードとは知らなそうな風に見えたんだけどなぁ
真影の正体の件でも、進ノ介の父親の件でも
あそこまで上手く演技出来れば、悪役として大したもん…んん?


…えっと、001が消滅したことによって
これまで001の能力にかかっていた人たちの記憶が、じわじわ戻ってるんですよね?

あの事件の真相って、実は仁良課長すらも忘れていた(記憶操作受けてた)って可能性
あったりしませんかね…?

いや、なにしろ仁良課長のこれまでの言動って
あれ芝居だとしたら相当の食わせ物だけど、じゃあ沈着冷静な頭脳派か?って言われたら
全然違うじゃないですか
ロイミュード化しても、あんな感じだったじゃないですか?
ブレンとの会話も、あんな感じだったじゃないですか?
自分の保身のためとはいえ、あそこまでの芝居ができる人物とは
正直思えないんですよね

多分、仁良課長の本質はいつものあんな感じで
ドライブ側に寝返った時の謝罪も、多分あれはあれで
本気だったんじゃないかと思うんですよ

しかし、001が消滅したことにより
自らも自覚していなかった罪の記憶がよみがえり…
そして、それをブレンにつけ込まれ…
っていうパターンじゃないですか?これ


…って思ったら、なんか急に背中がゾクゾクしてきた
いえ、これはあくまで妄想ですし、真相がどうかもまだ分かりませんが
我が身に置き換えて考えると、ものすごく怖い話ですね…

ひょっとして、仁良課長は仁良課長で あの時特状課側に付いたことによって
警察官としての本分に戻れたっていう気持ちがあったのかも知れない
これからは、心を入れ替えようとか思ってたのかも知れない
でもそれが、既に叶わないものだと後から思い出してしまったら…と思うと
うわー…辛すぎてどうにもならない


霧子のために嘘をついたチェイスの話や
(後でも書きますが)今回の蛮野博士のこと
そして、これまでの事件の数々を見ていると
この作品は、やはり単純な善悪二元論の作品じゃないと思うんですよ

仁良「人はみんなこのとおり、化け物と呼び合う心を持っているんだ!」
進ノ介「この世界は、そんな人間ばかりじゃない!」
今回、二人の間でこんなやりとりがありましたが

多分仁良さんも、化け物と呼び合う悪の心を持つと同時に
善の心っていうのも、持っているんじゃないですかね
そうでなきゃ、そもそも警察官なんていう職を選ぶのか?という話もありますしね

そうなると、それだけに今回の記憶解除は…


…という、妄想の話でずいぶん熱くなってしまいましたが

こうなると、仁良さんはただのゲスヤローの方が、
気持ち的にはまだ楽な気がしてきました
ここ、本当にどうやって決着をつけていくのか…

とりあえず、再来週はどんな展開になってもしんどい気がするので
ハンカチ用意して視聴したいと思います
もちろん、バー●リー風のチェック柄のやつをね!


■夢へ向かって、GO!GO!!GO!!

…すいません、プリンセスプリキュアネタです
プリキュア放映555回、おめでとうございます

で、そんな感じでプリキュアがGO!GO!言ってるのに
ドライブの剛はというと…まだ仲間のもとには戻れないと
ブレンから奪ったタブレットの情報を検索しているようですが

…え?あれって蛮野博士の頭脳とはいっても、知識分野だけだと思ったら
記憶や感情もインプットされてるの?
しかも剛と会話するってことは、新たに思考もできるってことだよね?

あ、いやまあ それならベルトさんだってそうだから…そうなのか
あー、ドライブ世界の技術凄いな
あのタブレットもベルトさんも、容量どのくらいあるんだろ…


と、そんな余談はともかく
タブレット上の蛮野博士って、どうも以前の剛の回想に出てきたシルエットのイメージと
今回の喋り(口調も内容も)の感じに、ずいぶん乖離があるような気がするんですよね

台詞は本当に少なかったんですけど
息子に対して、罪の意識があるように見えましたし

そんな、タブレットの父(剛が「父さん」呼びキャラとは思わなかった)と会話する
剛の口調も表情もずいぶん穏やかで…

…ああ、剛も色々あったし 成長したんだなぁと思うと同時に
どうも、この親子の間で不幸なすれ違いがあったのではないか?とも思えて
なんかモヤモヤしますね


なんにせよ、視聴者としては一刻も早く
剛がまた、皆の所に戻ってくれるのを願うばかりです




あとは細かいところですが、
今回ベルトさんがちゃんと進ノ介から外れるのが分かって、ちょっと安心しました

いや、前回のアレで 二人はもう一身同体になっちゃったと思ってたんで
お風呂とか寝るときとかどうするんだろう?とずっと心配してたんですが;
取り越し苦労でしたね、良かった



と、気付けば今回は大部分が仁良課長への妄想になってしまいましたね

途中入場ながら、大変なインパクトのある方でしたからね
恐らく次回で退場でしょうが、視聴者の心に何か残してから
去ってほしいなぁと思っています

ただ、ブレンは…
ブレンはどうかまだ、この作品に留まっていてほしいとも思っています
彼がいなくなると、ロイミュードサイドが寂しすぎるんですよ…

メディックの思い通りになるのも、なんだかちょっと癪ですしね
頑張ってくれ、ブレン!



…ということで、今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました

再来週が待ち遠しいですね
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR