トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

小説『千本桜』参読みましたよー

ネタばれするのもアレなんで、本当に軽い感想でアレなんですけど


参読んでから改めて「上弦の月」聴くと、虚しいですね

今まで、「上弦の月」って、実はちょっとずるい歌だと思ってたんですが
それ以上に虚しい、ひたすら虚しい

…まぁ、それでもやっぱりずるいところある歌だと思うんですけどね



ストーリーの引きも、今回はなかなかになかなかでしたね

起(壱)、承(弐)ときて、参は
”さらに承!…からの転”って感じですね

うん

うん

うーん…とりあえず、今書けるのはこれくらいですね

明日になったら、他の人の感想もたくさん読めるかなー
楽しみだなー
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR