トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「上弦の月」に、ああだこうだ言いたい⑤

ああ…千本桜の靑音海斗さんも
ねんどろ化決定なんですね

ポーズ&表情は、千本桜楽曲のあのイメージですね

小説・ミュージカル・「上弦の月」を経た今では
このスカした感じが、逆に新鮮に見えます

未來(ミク)で表情が2パターンあったから
海斗でも表情バリエーションがあるのかな?

あるのなら是非凹み顔を付けてほしいのですが…



うーん、でもまぁ、順当にシリアス表情ですかね






…という前置きで気を紛らわすチキンですこんにちは

「上弦の月」の歌詞を読み解くという体で始めたこの記事も
気付けば5回目…で、このペースって一体どうよ?
と、自分でも思ってるんですが…

…実のところ、これを始める前に考えてた解釈(妄想)と
いざ書いてみてからの解釈(妄想)が、大分違ってきて
現在は、本当に、リアルタイムで考えながら書いてる感じになってます

行き当たりばったりです、何処行くか自分でも分からなくなってます
うう…怖い、何が怖いって、自分の計画性のなさが怖い…

しかし、こうでもしなきゃ
そもそもこういった記事自体書いてなかったであろうことを考えると
ダメダメな記事だけど、私にとっては意義があるのだと思います
…多分


…という、もう毎回毎回こういう決意表明しないと
先に進めないってのは、我ながら面倒くさいですね!
今回もこうやって、やっとうだうだ始めます


■大サビ(Cパート?)

”遥か遠く離れて それはとても儚く
 過去も現在(いま)も全てを 託していくなら”


えーっと、この歌の歌詞を追っていてずっと思ってることなんですが
…しゅ…主語はどこだ、主語…

いや、この主語が無いからこそ 解釈の楽しみが広がるってもんなんですけどね
アレです、ミロのヴィーナスみたいなもんです
腕が無いからこそ、想像の余地が広がる…この歌もきっとそうなんでしょう

で、私はそんなヴィーナスに腕を付け加えるような野暮なことやってるわけですが
それはそれ、これはこれということで…


本題に戻って、歌詞です
”遥か遠く離れて”

”離れて”っていうのは、
直前の歌詞で”貴方を探して何処へと進むだろう”とあるので
貴方という人との距離のことを言っているのでしょうが

しかし、それじゃあ次の歌詞
”それはとても儚く”っていう表現は、なんか妙です
儚い”それ”とは、何のことを言っているんでしょう?


とりあえず、次の歌詞に進んでみます


”過去も現在(いま)も全てを 託していくなら”
…ああ、これで”貴方を探して何処へと進むだろう”が
何故”何処へ””進む”なのかがはっきりしましたね

この”貴方”という人は、”過去も現在も全て”を託されて
”進”んでいるようです

過去・現在から進む先といえば、未来(みらい)

これなら、直前で”儚い”と表現されたのも合点がいきます
この主人公にとって、未来は遥か遠く、儚いものなのでしょう

なぜなら、彼が未来に進むと
”ささやかな願い事をしたことも
 見渡す景色も忘れて”しまうから
これは恐らく、この主人公の今の在りようが
失われてしまうことではないかと考えています


さらに加えて言うなら
この”進む”というのは
これまでの歌詞の中で
”朝””春””仮初の夢が覚める”と言われていたことと
同じ意味合いのことと思われます

さて、ここで気になるのは、
”春”という表現が使われていること

2番の歌詞に”雪の椿”という表現が出てきますが
この”雪”も”椿”も、冬を象徴するもの

”春”になってしまえば、”雪”は溶け
”椿”は落ちてしまいます※

これまでの歌詞の流れで、現在は冬にあたると暗に示されています
この主人公はそれを”仮初の夢”と表しています

そして、それが”いつか覚めたなら”と歌っているわけなんですが…



…???


なんだか、2番Aメロの
”傾いた気持ちはやがて
 秘密ばかり増やしてたこと”

…ここが、更に重い歌詞のような気がしてたまらんのですが…



でもって、何故先ほどわざわざ”未来(みらい)”と書いたのかといえば
アレですよね、同じ名前の人が居るからです(白々しい)

…ここは、とりあえずキャラクター設定を乗せる段階までは
シラを切って進めていこうと思うんですが…

なんか、ただの歌詞解釈なのに
胃痛がしてきそうですよ…



まぁ、ったって、あくまで個人の妄想ですからね
本当に、ヴィーナスの腕状態です、野暮です、トンデモ妄言です

それでも、トンデモならトンデモなりに
なにがしかの答えを出していきたいと思ってるんで…
…まだ続きます、もう、なんか、すいません…

なんか、こんなのでもここまで読んでくださってたら
ありがとうございました


※実際には春先にも咲いている品種はありますが
 ここでは季節表現としての「椿」を考えています
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR