トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仮面ライダードライブ8話…これって”正義”じゃないか?

次回予告のタイプテクニックがほとんど持って行きましたよ!
まさかの緑!なんてキレイな緑!驚きの緑!とにかく緑!緑ですよ!

緑・緑と連呼しましたが、緑にもいろいろありますよね
タイプテクニックの緑は…種類としては、トッキュウグリーンに近いかな?
あとは、カワサキのバイクを思い出しました いや、ドライブなんでバイクじゃないんですが
とにかくこの色、ライダーでは珍しいですね

そしてなにあれ?首?首にタイヤなの??
あれでディメンションキャブとか使われたら、すごく怖いと思います
ああでも、頭だけディメンションキャブは役に立たないや
ディメンションキャブは、タイプスピード限定っぽいですね

にしても、あの顔は…何がモチーフなんでしょ?
一応、もとになったテクニカルな車がベースだと思うんですが…

…そもそもテクニカルな車ってなんでしょう?
救急車やクレーン車とかはもうシフトカーで出ちゃったしなぁ…
ほかにテクニカルなイメージの車っていったら…アスタコ?(ザリガニみたいなやつ)

でもなぁ、アスタコってどちらかというとロイミュードっぽい気が…(日立建機さんすいません)


■チェイスと霧子がまさか…!

前回ラスト
傷ついた進ノ介をかばうべく、チェイスに立ちはだかった霧子
そんな彼女へ、無慈悲にもチェイスの放った矢が…

…当たりません

チェイスの矢は、霧子を貫くことはありませんでした

あまりに意外な展開に、私も???となっていたのですが
どうやら、チェイス本人も何故霧子を撃つことができなかったのか、分からないようです
「何故だ!」と叫び、動揺する…普段の彼からはまったく想像がつきません
これは…

これは…

うーんさてこれは…どう解釈すべきなんだろう?
今、私が思いつくのは次の4つ


①そもそもチェイスは人間を攻撃しない

これは本人も言ってましたね
「俺は人間は殺さない、殺す価値も無いからだ」

どうやら、これは進ノ介にも適用されるみたいで
進ノ介がドライブに変身するのを待って戦い始めました

ブレン曰く
魔進チェイサーは、仮面ライダーを倒すのが宿命のようです

宿命にかかわりの無い、無益な殺生は行わない
だから、霧子に攻撃を当てなかった?

いやしかし、ならば何故一度は霧子に対し攻撃を仕掛けたのか?
そして、何故彼自身「何故だ!」と苦しむことになったのか…

…もうひとつ考えられるのが


②プロトドライブに関する何かの影響

魔進チェイサーはプロトドライブをベースに開発されたようですから
もしかしたら、プロトドライブに関する何かが
チェイサーに影響を及ぼしているのかも?

例えば、プロトドライブのもともとの設計思想とか
もしくは、プロトドライブの中の人の思念?記憶??のようなものとかが
チェイサーの攻撃の手を、鈍らせた??

…いや、そもそもプロトドライブを基にしたっていうのが
どの程度基にしているのかも分からないんですけどね

そういや、霧子がプロトドライブと出会ったのが半年前であることを考えると
実は、チェイスがプロトドライブの中の人だったって可能性もあるのかな?
いや、でも、彼は死亡したって、結構明確に言われてた気が…


ありゃ?そういや、そもそもプロトドライブを基に開発されたチェイスが
同じくプロトドライブを基に開発された仮面ライダードライブを倒すのが宿命ってなんでだろ?

同じ機体(?)をベースに開発されたもの同士でありながら
それぞれ戦う目的が違うドライブとチェイス
てことは、どちらが正しいか、どちらが本物か、どちらがこの世界に必要な思想か
それに決着をつけるために戦うのでしょうか

私は、ドライブとチェイスを
人を護るVS正義を護る、の対立だと考えているんですが…
この二人の戦いっていうのは、実は、もとを辿れば
プロトドライブという1人の戦士の内面の葛藤だったりするんでしょうか

でもって、6話で進ノ介が正義と人を護ることとの間で揺れたように
チェイスもやはり、この2つの信念の間で揺れてるんでしょうか


③人を護る人を攻撃できない

「人間に、護るべき正義などない」
やっぱり気になるんですよね、チェイスのこの台詞…
ここで主語を”人間”にしている時点で、チェイスは人型をとってはいるものの
自分は人間の側では無いことを言っている

そして、「俺は人間は殺さない、殺す価値も無いからだ」
チェイスにとっては、進ノ介も仮面ライダードライブに変身するまでは人間扱いのようで
わざわざ変身を待って戦い始めました

チェイスにとって、魔進チェイサーである自分、および
変身後の仮面ライダードライブというのは、人間カテゴリではない
プロトドライブをベースにした、人間より強い力を持った存在なわけで

ということは、”仮面ライダードライブ”が人間を護るという行為は
強い力を持ったものが、同じく強い力持った者から弱い者を護るという行為であり
”人間”が”人間”を護る、という行為ではないということかな?
チェイスは、これに対しては真っ向対立していました


じゃあ今回彼が動揺した、霧子が進ノ介を庇うという行為は何かというと
弱いものが、わが身を省みず、自分よりも弱いものを、強いものから護ろうとする
まさに”人間”が”人間”を護るという行為

…んん?これって”正義”なんじゃないでしょうか?

チェイスがここで攻撃を当てることができなかったのは
彼が対峙した光景が、まさに”人間の正義”だったからでは?

それでも一度は矢を放ったのは
彼女の後ろに倒れているのが、自分の宿敵である
仮面ライダードライブに変身する男だったから…ってことなのかも


④実は霧子を攻撃できない

あと、気になるのはチェイスと霧子になにやら因縁がありそう?な示唆がされたこと

霧子が、事件現場へ急行するべくチェイスの隣を走り去る時に
すれ違う二人の横顔が意味深に映されたり

また、チェイスが、自分の攻撃に倒れるドライブの前に
立ちはだかる霧子の幻を見たりと…
なかなか意味深ですよね?


とりあえず、真っ先に考える可能性としては
さっきもちょっと書いたとおりプロトドライブの中の人が実はチェイス、っていうことなんですが…
んー、あー、でも ここは敢えて外しましょう

チェイスと霧子って、実は兄妹(兄だけが妹の存在知っているパターン)なんじゃないでしょうか!
あ、ほら二人とも顔キレイだし、笑わないし…なんかちょっと顔かたち似てる気するので

チェイス自身も、今は洗脳か記憶が混乱してるかなんかで霧子のことを覚えてないですが
それでも、本人と相対すると過去の記憶が…とかね?ありそうじゃないですか?
どうですか?


…いやいや、さすがにそれは無いか;


■霧子が私服の意味は…

さて、前回心配していた”男の友情に女が入り込めない?”問題なんですが
主な原因は
・進ノ介の鈍感と無配慮(言葉のチョイスや態度)
・それを霧子が拡大解釈(ひいては私が拡大解釈)
した感じでしょうか

問題があるように見えて…実は問題なんて無かったんや…

とはいえ、今回はベルトさんの言葉で、進ノ介君(←君呼ばわり)も自分の無配慮に気付いたようで
運転をすすんで彼女に任せたり、
ラスト、早瀬への見舞の際に、彼女を自分のバディとして紹介します
そうそう、信頼とはこういう積み上げが大事なんじゃよ…

意外だったのは、見舞の際の霧子が、私服姿だったこと!
いや、霧子はてっきり例の制服で行くのかと…実際、中盤(回想)は制服で行こうとしてたし…
ええ?これは…いい!私服霧子かわいい!

という私の個人的な叫びは置いておいて

ここで、彼女が私服で早瀬のところに訪れたということで
進ノ介との関係が仕事上のものだけでなく、
人間同士の信頼関係を結んでいるってことを表してるんでしょうね、きっと

男女のバディ関係って、同性同士と違ってコミュニケーションに気を使ったり
また、作り手としては描写に気を使ったりする必要がありそうなので、
いろいろ難しいかもしれませんが

それでも、この仮面ライダードライブなら、その辺を上手くクリアしたうえで
新しいバディ像っていうのを、見せてくれそうな気がしてきました

そして、私服姿の霧子はかわいい
何度でも言おう、かわいい



以上、相変わらずダラダラ長い割に
大した内容の無い感想ですいません

気付けば、高杉と久坂に全く触れてなかった…ああ、久坂さん
「真実を伝えるには、自分が傷つく覚悟がいる!」って言葉響いたよ!
そうだよね、本当のこと言う奴って嫌われるよね!(←違う!)
罪状がいったい何になるのかは分からないですが…君が再び戻ってくる日を
私も待ってるよ!(←軽い)

…というアレで、こんなんですが
ここまで読んでくださってたらありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR