トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仮面ライダードライブ7話…男の友情に女は入り込めない?問題

バーニングソーラー、かわいいですね
進ノ介と一緒に日向ぼっこしてる姿は、とても微笑ましい

あと、霧子がソーラーをビカビカさせてましたが
シフトカーがドライブ・チェイサーだけじゃなくて
モノによっては霧子も能力を使えるっていうのはいいですね

…うーんやばい、シフトカーには手を出すまいと思ってたけど
ちょっと決意が揺らいできたなぁ…


■テーマは男の友情?

今回~次回の話は、男同士の友情の在り方って言うのを
①進ノ介と早瀬
②高杉と久坂
の2つのケースを使って見せようとしてる向きがありそうですね

その中で、①なら進ノ介と早瀬の”特別な時間”とやらに入り込めない霧子のもどかしさを描写してみたり
②なら、久坂への友情故に(?)、高杉が何かを隠していそうな様子があったりと
男の友情というものが含む、ちょっとネガティブな側面にも光を当ててる感じでしょうか

特に、①男の友情に女は入り込めない?問題については
例えば、グレンラガンならヨーコがシモンとカミナの信頼関係に対し
”敵わないなぁ…”って呟くような、女性側が理解を示すというまとめ方が
すごくキレイで、収まりがいいなぁとは思ってるんですが…

ただ、仮面ライダードライブでは、霧子は明確に”バディ”なので
↑のような展開も、ちょっと違うなぁと思うんですよね
そこらへんにどういう決着をつけていくのか
なかなか興味深いです


■チェイスは本当に…

「人間など興味ない」らしいです

直前のブレンの台詞が、人間について
「知れば知るほど、醜く愚かで 愛おしい」なので
やっぱり、ロイミュード幹部とは目的が違うようで…

ただなぁ、興味が無いなら無いで、
何故ロイミュード勢に加勢しているのかが本当に謎…

うーん…前回、「人間に、守るべき正義などない」って言ってたし
チェイサーというヤツは、”正義”という概念に重きを置いているんでしょうか
ロイミュードが進めようとしていることが、チェイサーの信念に
合致したんでしょうか…

ロイミュード勢の目的については、ハートやブレン(特に最近のブレン)が
いろいろと意味深な事を喋るものの、まだまだ全貌は見えないですし…
(まだ7話なんで当然ですが)

でも、もし仮にチェイサーが”正義”と言う概念に拘りを持っているとしたら
ドライブとチェイサーの対立って
人を護るヒーローVS正義のために戦うヒーロー、っていうことになるんでしょうか
そういや前回、ドライブの台詞も
「正義じゃない、俺は市民を守るんだ!」になってましたもんね

うーん、でも だとしたら…テーマとして結構ヘビーだなぁ


まだまだ7話なので、仮面ライダードライブという作品が
一体どこまで踏み込んでくるのかは分からないのですが
視聴者に揺さぶりをかける展開が待っていそうな予感は、ガンガンしますね

いやいや、でも 私の心はドライブに預けてますからね
どんなに振りまわされても、ついていく覚悟はできていますよ!


と、気付けば相変わらず感想というより予想(妄想)ばっかりのアレになってしまいましたが
ここまで読んでくださってたら、ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR