トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

グレンラガン~炎撃篇 其の壱~(舞台)見てきた

見てきましたよー

ロボットアニメ、それもグレンラガン舞台化ということで
当初は期待と、それ以上に不安だったんですが
今の正直な感想としては、ちゃんと”グレンラガン”だったなってところです

いろいろと面白い試みがされていたりとか
キャスト陣の再現度と、叫びっぷりがいいとか
いろいろ書きたいことがあるんですが
ちょっと風邪気味で見に行ったら…今すご…く頭痛い…
なので、とりあえず今脳内で渦巻いていることだけ
箇条書きで叩きつけておきます

ストーリーとかに関しては、もはやネタばれもなんもないとは思うんですが
一応続きの先に書きますね



・私が見たのは25日昼の部
 圧倒的に男性が多いのかと思いきや、男女比はほぼ半々くらい
 やたらキレイでお洒落な男女がずいぶんいたなぁ…
 あと、3~4人連れのご婦人とか、ご年配の夫婦が来ていたところを見ると
 身内とか事務所の後輩とかが来る日だったんだろうか…
 (こういうのきちんと調べないでいたもんで) 

・~炎撃篇 其の壱~の名の通り、今回は物語スタートからテッペリン攻略まで
 ストーリーは基本TVアニメ&紅蓮篇(劇場版)を踏襲(ドテンカイザン出てきた)
 その中で、一部演劇用にアレンジ加えている感じ
 ちなみに1幕目が「あばよダチ公」まで、2幕目はその続きから
 ちなみに、幕開けはアバン艦長のアレではなく、カミナとヨーコの「10倍返し」のとこ
 (そこから時間が遡って、序盤のストーリーに入る)
 あと、OPもあった 「空色デイズ」かかった 皆よく動いてて面白かった

・ステージの上半分には大きな布が垂らしてあって、ガンメン戦や螺旋力発動などの
 特殊なシーンではアニメの映像が流れて、その下で役者さんが演技してた
 その中で、ラガンだけは実物大のが出てきた 当然動かない作りもののやつで
 最初こそ「???」と思ったけれど、話進むにつれてちゃんとラガン感が出てくるから不思議
 後半は出番が無くなって残念

セットについてはけっこうよく考えられていて、でも文字で説明するの難しいんで
 ちゃんと絵で説明したい


・BGMはアニメの通り
 大事なシーンでは、劇中挿入曲がそのまま流れる 燃える

・キャストの再現率は異常に高い、特にカミナ 見た目もそうだけど
 喋りも動きも、大体あのまんま
 あのまんまとしか言いようがない

・シモンは…見た目イケメンすぎるかと思ったけど
 雰囲気や佇まいがとにかくシモンだった いいシモン

・ヨーコの見た目再現率も異常に高い そのうえ生身の女の子が演じていることもあって
 いい意味で生々しかった

・ニアは、舞台なので動きとか喋りの調子とかはどうしても変わってくるけど
 それにしてもちゃんとニアだった(説明になってない)

・キタン…はアニメの印象と実はちょっと違ったんだけど、そこがすごく良かった
 凄く良かったんだけど、あの良さをどう書いていいのかわからん…
 3姉妹では、特にキノンがキャラ立ってたと思う

・リーロンもリーロンだった(説明じゃない)

・ロシウはちょっと大人っぽい感じ、アニメ3部以降のイメージもあったのかも

・グレン団は総じてあのまんま ジョーガン・バリンボー・アーテンはそのもの

・あ!あと、マギン司祭もアニメそのまんまだった 見た目も喋りも

・獣人サイドの再現度も、一部難しいところはあったでしょうが、それでもかなり高い
 ヴィラル、シルエットがアニメのまんまだった
 なんか素材がよさそうな服着てやがった
 低く構える姿勢などは、本当にヴィラルだった
 あと、アディーネ様との例のあのシーンとかあって嬉しかった
 戦っている姿も良かったけど、それ以上にやられ姿が妙に可愛い

・アディーネ様とシトマンドラは本当にあの衣装
 とはいえアディーネ様の尻尾はさすがに動かないので、ダイガンカイ?風の鞭を使用
 シトマンドラも、戦闘シーンではシュザック風の、蟷螂の斧のような形の武器を使用

・チミルフとグァームは大変だったと思う 見た目の難しさを、演技でだいぶフォローしてたと思う

・螺旋王が螺旋王だった すげえ体

・アンサンブル、とにかく巧い

・クライマックスの総力戦のあたりは
 舞台上だけではなく、観客席にまで役者さんが下りて来ての立ち回り
 本当に全員が全員舞台上に上がってきて叫んでポーズ決めてすごかった
 このあたりは、舞台ならではの盛り上げ方

・来年9月に、続きがある…だと?

・カーテンコール、みんなかわいかった


…という、なんか箇条書きにしてはいろいろアレですが
なんていうか、もう、ソレです(←日本語喋れ)

いろいろ書いたようで結局何も説明できてないですが…とにかく
総じて、「グレンラガン」という作品にとって大事なポイントは
全部外さず作ってるなという感じでした

観に行って良かったです
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR