トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仮面ライダードライブ1話…”車”を持たない人間に、ドライブはこう見えた

鎧武が終了したのは先週の筈なのに
やたら長く感じた、この1週間
とうとう始まりましたね、仮面ライダードライブ!

正直なところ、
仮面ライダーなのに車!?
主人公は刑事!
という事前ニュースを見ていたので
もっと出オチ感のあるスタートかと思ってたんですが
…冒頭、意外と重かったですね

あの「重加速」ってアレ、動きはスローモーションだけど
頭の中は通常スピードなんですよね?
人々が薙ぎ払われるシーンもアレでしたが
主人公が仲間に対し誤射(でいいんですよね?)するシーン
あの”しまった””もうダメだ!”と分かりながら、どうにもできない絶望感と
その瞬間までの待ち時間が異様に長いのが…きつい!きつかった!

割と呑気に見始めたので、いきなりパンチ食らった感じです
修行が足りませんでした!反省してます!押忍!!



■「ナイトライダー」と「仮面ライダーフォーぜ」

…と、今回のドライブを見て、真っ先に思い出したのがこの2作品

ナイトライダー」は、思い出した人多いですよね
車に乗るヒーローは数あれど、車が喋る(相棒である)作品の先駆けは
やはりこれなんじゃなかろうかと

今回のドライブ、喋るのは厳密には車にも取り付けられる”ベルトさん”なんですが
車(トライドロン)のアシスト制御もこの”ベルトさん”が行うようなので、車カテゴリに入れてもよさそうです

”相棒”モノといえば、現在放映中の「相棒」に限らず
日本の刑事ドラマでは王道中の王道
熱血(予定)若手刑事と、ベテラン(?)のコンビって感じですかね


で、あとは何故「フォーゼ」かというと
あの作品の舞台である「天ノ川学園」の中の生徒のヒエラルキーが、
アメリカのハイスクールにおけるスクールカーストをモチーフにしていた筈

今作の仮面ライダードライブも
ベルトさんの喋りをはじめとしたベルト音声のアレ、
あれ、アメリカ風と思っていいですよね?
そもそも、アメリカは日本より遥かに”車文化”ですし
そういや、前述のナイトライダーもアメリカ製のドラマでした

そいういった、アメリカ的なものに
日本的な刑事モノの組み合わせというのが
なんかこう、フォーゼを思い出すわけです

とはいえ、フォーゼでは、昭和的バンカラ風の主人公 弦太朗が
持ち前の破天荒さで、アメリカ的スクールカーストをぶっ壊していくという関わりでしたが

ドライブにおけるアメリカ的な要素が担うのは
派手さ・威勢の良さ・爽快感・スマートさというような、ポジティブなイメージなので
これと、もはや昭和臭すら漂うベタな刑事モノ要素が今後どう融合していくのか
非常に楽しみであります


■”車”を扱う上での注意点

さて、実を言うと私は車に全く興味が無く(免許はあるが乗ってない)
あくまで車は”移動手段”であると思っているクチです

このドライブを見ていて、一番損してるなーと思うのはまさにこの点で
車が好きな人の感覚、
特に、車を”相棒”と思うような人の感覚が分からないで見るのは
なんかこう、イマイチ乗れてない感じがして、もどかしいです


なおかつ、こういう感覚の人間からすると
この”車”モチーフっていうのは、やっぱりいろいろ気になることがあるな
というのが正直ありまして…

”車”というのは、自分が乗らないにしても、
日常生活にありふれているものですから、
車の発する音を、”生活音”と受け取ってしまう部分があります

その分、車のエンジン音・タイヤ音というのは、
事故や騒音といったネガティブなイメージとも繋がりやすい
耳障りな音に聞こえる、という危険性があるなと思いますし

また、”威勢が良い”ことをあらわす表現も、
運転中に行うと”ガラが悪い””危ない”と取られるところがあるので
演技なんかでも、いろいろと配慮が必要だろうなぁと思います

…あ、そうか
今作の主人公が公務員で、スーツ姿の好青年風というのは
こういったネガティブなイメージを和らげるための配慮かもしれませんし

あとはやはり、ベルトさんのキャラクター
ベルトさんがスマートでダンディな大人の男風であるというのも
上述の、ネガティブなイメージを払拭するための工夫かもしれないですね


…と、素人が知った風な口きくのもアレなんで
今回はこのくらいで

最後、個人的にこの先ドライブに期待するのは、やはり
進ノ介とベルトさん(ドライブドライバー/トライドロン)との相棒関係をどう魅せてくれるか?ってことですね
ドライブを見ていくことで、私自身も車に対する見方が変わるだろうなぁと思っています




と、気がつけば1話の内容に全く触れない感想でしたが
…こんな感想が、この世にひとつくらいあってもいい…と思う、多分

鎧武に引き続き相変わらずの感じになりましたが、
それでももしここまで読んでくださってたら、ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR