トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

鎧武45話…みんな戒斗(か、舞)みたいな世界ってこと?

今回含めてあと3回
毎回、感想がまとまらない~まとまらない~
と、うだうだ悩んでいたわけなんですけど
(で、結局まとまってないけど)

そうですよね、残り話数少ないですし
もう、思ったこと全部ダラダラ書きましょう、全部

というわけで、ダラダラいきます


■みんな!俺みたくなれよ!

紘汰と対峙した時、戒斗が目指す新しい世界について語りました
弱者が虐げられない世界を~ふんぬん
誰かを虐げるためだけの力を求めない世界を~ふんぬん言ってましたが
これって、ものすごく意訳すれば
「みんな俺(か、舞)みたいな世界」ってことなのかしら

誰かを虐げる為だけの力っていうのは、戒斗の過去回想でも散々出てきましたが
かつてのユグドラシルから受けた仕打ちですね
強くなるほど優しさを忘れていった、と言っていましたが、
戒斗の理想は、強さを得ても支配欲にのまれることなく
理想や自意識を保ち続けろ、っていうようなことなんでしょう

かつ、舞の言う”強さ”を評価しているあたり
弱者も弱者として縮こまっているのではなく
自分たちを虐げようとする強者へ抗ったり
または、逆境に負けないように生きるといった
今は弱くても、求心力というか…希望や理想を諦めるな、ってことなんでしょう

振り返ってみれば、戒斗はこれまでずっと力を求めていましたが
それは、偽りの強者を倒すためであり、誰かを支配するためではない
(ビートライダーズ時代に、一度他チームの支配(?)を試みたことがありましたが
 これも、暴力などに頼るものではなく、戒斗がヘルヘイムから集めたロックシードと
 交換条件でしたね)

今回の話でも、自分には守るものがある!と向かってくるザックに対し
強くなったな、と言っていたあたり
やはり自身の理想や信念に則って力を求め、戦う者は認める傾向があるようです


なので、なんだかんだで戒斗としては
自分や、自分が認めるような考えの者ばかりの世界…
ひとことで言うなら
「意識高い系」の世界を目指してるって感じですかね
(ちょっとニュアンスが違うかもですが)

そう考えると、うーん…
私はこの世界で生きられる気がしない…


理想としては間違ってない、とは思います
ただし、今の世界を滅ぼしてから新たな命を~という、この手段はやはり極端過ぎる気が…

あと、新しい命で満たす、とかどうとかいってますが
これも、理想に叶う者をちゃんと生育していきますよ、っていうことなんですかね?
もしくは、理想に叶わなかった者が育ってしまった場合は、それを刈り取っていく…とか?
あ、そう考えるとなんか急に嫌な感じになってきますね

まぁそもそも、戒斗自身が新世界の管理運営意識をちゃんと持っているのか?
ということころから疑問なのではありますが…


■紘汰、まだ何となくなのか!

戒斗の目指す世界の話を受け、紘汰は
「今の世界でそれは無理だっていうのか?」と問い返します

戒斗が理想とする世界は、先にも書いたとおり
間違ってはいないと思います
そこは、紘汰も同じなんじゃないでしょうか

ただし、その理想を実現するのに
戒斗は、今の世界では無理なので、一度滅ぼして新しく作り直そう(破壊と新生)
紘汰は、今の世界でもその理想は実現できるのでは?(変化・成長)というのが
二人の違いなんだろうな、と考えます
とりあえず、この会話上では…


…そう、項題にも書きましたが
紘汰の望む未来って、まだ何となくしか見えてないらしいんですよ
こないだ「俺が信じた希望のために! 俺が望んだ結末のために!!」とか
滅茶苦茶力強く言ってたんだけどなぁ…

正直、ここまで引っ張るっていうことは
この、紘汰が望む未来てやつが、この作品最後で最大の解…というか
どんでん返しになるとは思うんですが

いやしかし、本当にここまで引っ張られると思わなかった…


■もう永久にバトルでいいじゃん!

個人的には…
正直、紘汰と戒斗の2人はずっと戦ってればいいと思ってます

今回の話で、何人かの例外はいるものの
人間は大体、沢芽市の外に出て行きました
なんで、いいじゃんもう 2人とも
沢芽市の中で、ずっと戦ってなよ

2人とも、ヘルヘイムの力(インベス軍団)をガンガン使いまくってますが
この力、有限なんですかね?それとも無限??
いいんじゃないですか?現時点で拮抗してるみたいですし
有限なら、2人とも力を使い尽くすまで戦ってくれていいし
無限だとしても、それならばそれこそずっと戦い続けてくれればいい
戦っている間であれば、紘汰は戒斗を止めることができるみたいですし

戒斗も戒斗で、以前、平和な時代に自分の居場所は無かった~、みたいなこと言っていたけれど
それとともに、弱さに耐えていた、ということも言ってました
弱さに耐えてたっていうのは、自分を虐げる者に対して牙を剥くことができなかったということ
戒斗が強さを求めていたのは、そんな奴らと戦うため
弱さに耐えていた時代=居場所が無かった時代、ということなら
こいつの居場所っていうのは、戦いの中なんじゃないかと
力に執着するのも、そういうことなんじゃないかと

なので、2人にとってはずっと戦い続けることがいいと思う
沢芽市の中で

今回自衛隊が助けに来たってことは、多分沢芽市の外の分くらいだったら
人間の手にも負える程度だったんじゃないですか?

なので、人を超えた奴らは人を超えた奴ら同士で勝手にやってもらって
なおかつ、永久に決着つかない方が、人類としては都合いいんじゃないかな?


という、いろんな細かいこと全部すっ飛ばした
大変いい加減な予想?願望?妄想??でした


■本当は人間なんじゃないの?

今回一番の泣き所
もう、自分は人間では無くなってしまった…と紘汰がお姉さんに話すシーンで
おや?と思ったんですが

ヘルヘイムの実、かつては初瀬やピエールだけでなく
一般の市民も”うまそう…”と、食べて、インベス化してしまうシーンがありましたが
いつの間にか、そんな描写無くなってしまいました
市内はあれほど、ヘルヘイムの植物にまみれているというのに…


そういや、戒斗・紘汰がそれぞれインベス軍団を率いて戦うシーン
下級だけでなく、上級インベスも大分交ざってましたよね?
上級は…人間がヘルヘイムの実を食べたら上級インベスになったはず…

あれ、実はもともとは人間(人型に近い生物)も交ざってたりするんじゃないんですか?
フェムシンムの世界から来てるのか、はたまた更に別の世界から来てるのかは分かりませんが…


というか、本当は
戒斗の後ろにいるのも、紘汰の後ろに居るのも
本当は、ヘルヘイムの実を食べて変化した人間にしたかったんじゃないんですか?(邪推)

だって、これは人間の世界の将来を占う戦いなのに
兵隊も、それを率いる将も、禁断の果実を持つ女も皆人間じゃないって、なんかモヤモヤする
本当は、元人間にしようとしてたんじゃないんですか?
でも、さすがに、ニチアサでこれはまずいから…ってことで、
チャックから出てきたインベスになったんじゃないんですか?(邪推)


それとも、本当にこの段階で敢えて人間が戦いに加わっていないことが
今後の展開に、何か関係していくんでしょうかねぇ?

本当に、いろいろ邪推が止まりません



さて、あと残り2話しか無いと思うべきか まだ2話もあると思うべきか…

次回予告を見ると…時間経過してる?
なんか、兄さんや紘汰が海辺(?)でキラキラしてるシーンが…色々不穏で気になるんですが…

あと、やはり光実には、もうひと展開ありそうですね
さっきもちょっと書きましたが、最終決戦に人間が参加していない(インベスか、人間を超えた奴らばっかり)のにモヤモヤしてましたんで
人間側の頑張りに期待したいところです

そして最後になっちゃいましたが、湊さーん!
折角プレバンからマリカ届いたのに、それと入れ替わる様に本編から退場って…

ところで、ザックの生死はどっちなんでしょう?
戒斗自身はこれまで殺生してない…筈なので(戦極は自分から落ちた)、生きてる…?


という、本当にダラダラですね
あと、いいかげん
明日くらいには、この記事上げたのを後悔しそうです…あ、いつも後悔してるから変わらないか…

毎度のことながら、ここまで読んでくださってたら、ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR