トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

鎧武28話…中身が違うと思うだけで、斬月・真のイメージが一気に変わりますね

…個人的な話ですが、つい最近届きました
アームズチェンジシリーズ 斬月・真

20140504.jpg

なっ、中身がミッチになったんだと思うと
なんか急に油断ならない感じがしてきますね
こっち見んな!


■あの襲撃は何が狙いか?

光実君、ずいぶんうまくやっているように見えますね
今の彼の状況をざっくり書くと
・紘汰を後ろから撃った、しかしそのことは紘汰にバレてない!
 (戒斗にはバレてるけど、戒斗は紘汰に伝えないと断言している)
・兄を見殺しにした しかし、他メンバーはともかく
 自分は兄に裏切り者とバレていない
 (兄の生死は不明ですが、正直…ですよねぇ?)
・舞をはじめとしたチームメンバーにも自分の裏切りや、
 自分がユグドラシルと繋がっていることがバレてない!
改めて、この子立ち回りうまいなぁ…

で、驚いたのはこの後
兄のドライバー&ロックシードを受け継いで
仮面ライダー斬月・真として、紘汰に対し攻撃を仕掛けます

おお、龍玄のパワーアップまだかな~と思ってたら
まさかこんな展開とは!
兄の鎧を弟が受け継ぐ展開は燃える…通常なら!
あーもう、鎧武ってひどい番組だなぁ(←褒め言葉です)

ところで、この光実君
ここで斬月・真として紘汰を襲う、という行動に
どんな狙いがあるんでしょう?

貴虎との会話で、紘汰を危険視している発言もありましたし
強力なアーマーを着用することによって、紘汰を殺害するためでしょう

と、最初はそう思ってたんですが…いや、でも待てよ?
宅配先を指定するということは、例えば紘汰の戻りが遅いことを訝しがった店長とかが
彼を探しに行くという危険性もあった筈
実際、戒斗の妨害にあったわけですし
本当に殺る気なら、ヘルヘイムに呼び出すべきでは?
貴虎の名前を使えば、多分紘汰はホイホイとあっちに行くと思うんですが…

ということは、実は光実は
紘汰を殺す気は、あんまり無かったんじゃあ…?
戒斗が乱入したので、結果的にあれだけのガチバトルになりましたが
実は、ちょっと脅かして、すぐに撤退するつもりだったのかも

もし仮にそうだとしたら
じゃあ、あの襲撃には一体どんな狙いがあったのか?

まず、紘汰には、紘汰を襲ったのは貴虎だと思わせることができる
っていうことは、紘汰に、ユグドラシルに対する不信感を
再び植え付けることができる
これにより、紘汰の希望を潰すことができる
これ以上余計なことをしなくなるかもしれない

とりあえず、パッと思いつくのはこれくらいですかね?
ああ、もっと大事なことがあった
それは、紘汰が”ユグドラシル”の”タカトラ”って奴が
味方になったって、仲間に報告していたこと

今回のこの襲撃を受けて、紘汰は
この話を、撤回しなくちゃいけなくなりますね
これで、紘汰だけでなく、メンバーの希望も潰すことができる

そして、うまくすれば紘汰の信用を落とすことが可能になる
例えば、紘汰はお人よし過ぎるとか、騙された、とか
…いや、もしかしたらこの話自体、紘汰の虚言とすることができるかも?
だって、”ユグドラシル”の”タカトラ”さんは、現在どうやら
存在しないことになってるみたいだし…
呼び出しに貴虎の名前を使わなかったのも、そういう狙いがあってのことかも

っていうことは、光実のこの魂胆は
紘汰を孤立させることにあるのかも
言い方がアレですが、紘汰をチームからハブにすることにより
チーム(ひいては舞)から引きはがし、彼が何をしようとチームに影響を与えない
無力化しようとしているとか…
しかもこれなら、紘汰を物理的に攻撃した、という後ろめたさを
光実自身が感じずに済むわけですし


光実の望みって、なんだかんだいって
昔の楽しかった時期に戻したい、その状態をキープしたいだったと思うんですよね
しかし、チームの皆は、裕也のことも、ヘルヘイムの謎のことも知ってしまった
しかも、原因はことごとく紘汰の行動

てことは、光実としてはとりあえずこれ以上
チームに紘汰からの悪影響を与えないことを第一に考える筈
殺すことが叶わなかった今、別の手段ということで
紘汰の評価を落として、チームへの影響度を落とすっていうことを
行うんじゃないかと

しかし、今の光実の望みって、嫌な言い方をすると
自分にとって心地よいグループの中で、自分の立ち位置をキープしたいとか
舞のなかで、優しくていい人の”ミッチ”のイメージをキープしたいとか
そんなことのような気がするんですよねぇ…

ものすごく俗な例えをすると
自分の所属するグループの空気悪くするやつを
自分の立ち位置を守りつつハブにしようとしているように画策しているようにも見えるわけで

いや、スケールや危機感はまったく比べ物にならないんですけどね

でもこう考えると、光実の行動ってちょっと…と思いつつも
個人的には、彼の気持ちが分からなくもないと思えてしまうのが
なんかこう、この作品を見る上でしんどいところです

いや、勿論勝手な想像なんですけどね

■シドは何を求める?

…なんだかんだ言っても、貴虎があのチームの蓋だったんですね
ヤツがいたから、モラルがギリギリ守られていたんだと思うと
うわぁ、兄さん…なんかごめん!

さて、全員で貴虎を嵌めた後
戦極さんは気になることを言いましたね
禁断の果実はひとつだけ、力を手に入れられる者はひとりだけ、らしいです
へぇ…え?そんなこと迂闊に喋っちゃっていいもんなの?

と思ったら、案の定次の裏切りが発生しました
まさかというか、やっぱりというか、シドさんです
そういや、シドさんは誰がヘルヘイムに選ばれるとか、結構気にしてましたもんね
戦極がここを見抜けなかったのは意外ですが
戦極はそもそも、自分が力を手に入れようという考えが無かったようなので
他の人間の欲望というものにも鈍感だったのかも

とはいえ、シドさんもシドさんでちょっと
急ぎ過ぎなんじゃないかなぁという気もしてたんですが
よくよく考えたら、貴虎という蓋が取れたうえで
デューク・マリカという、自分より実力が上かもしれない者がいる上に
紘汰・戒斗という邪魔者もいる以上
多少見切り発車でも、早め早めに動かないと
自分にチャンスが巡ってこないかも知れないわけだ、うわぁ…世知辛い

しかし、シドさんが一体どうしてここまで”ヘルヘイムに選ばれる”ことにこだわるのか

当初は、得体の知れないダークでミステリアスな人物でしたが
話が進んでいくにつれて、どんどんガラが悪くなったと、というか
どんどん余裕が無くなって、口数が増えましたよね
しかも語る内容は、主に紘汰の語る正義に対しての皮肉や、
いわゆる”大人の理屈”というやつ

しかしこれ、私から見ると、紘汰らの正義に当てられている、というか
紘汰らの正義を否定するために、なんだかムキになって
ワルぶってる(?)っていう感じもするんですよねぇ

なんで、実はかつて
紘汰や貴虎のように、純粋に正義を信じてた時代が
この人にもあったんじゃないかって思ってます、
ヘルヘイムの力に関心が高いのも、この辺に理由があるんじゃないかなぁ…

ま、勝手な想像ですけどね

それでも個人的には、
シドさんは、貴虎以上に”大人の切なさ”を体現してくれる人物なんじゃないかと
期待してるんですが…どうでしょうかねえ?


ああ、今回は光実やシドさんのことを考えただけで燃え尽きてしまった
(ほとんど妄言ですが)
鎧武…終盤を迎えてどんどん面白くなってる、来週が待ち遠しい
またどうやって、私達の想像を裏切ってくれるのかを思うだけで、ぞくぞくしますよ

そして、こんな妄想だらけの記事を
ここまで読んでくださってたら、ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR