トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

鎧武26話…隠し通すって、やっぱり無理なんじゃ…

どうにも、前回からいろいろと頭がおかしいことを考えていたせいで
なんかもう、頭ぐるぐるしながら観てる状態です

今回も、相変わらず鎧武感想の本流から外れて
自分の頭の整理のために書いてます、ご了承ください

■”知らせない””隠しとおす”ことの限界

うーん、私は、前回の記事では
紘汰の考えている(であろう)、誰も犠牲にしないという考えを
本当に、本気で行うとしたら
彼は、何をも凌駕する力を持ちながらも、
誰にも知られることなく、この世界を守るために戦わなくちゃならないのかと考えてました

それは、例えば番組序盤
彼が鎧武になったせいで、それを公にしていたせいで
戒斗や他のチームが追随していった
ある意味紘汰のせいで、インベスゲームがライダーバトルになったように
なにがしかの力が得られるということを知らしめてしまったことにより
次々と、同様の力を手に入れた者が現れ
争いを生んでしまった

だからこそ、強い力を持つ者は
その存在を隠して、いなくちゃいけない
紘汰が、作中で”誰にも分かってもらえなくても…”とか言いながら戦ってたことありましたが
これも、いずれは彼が孤独な戦いを受け入れることになるのかと思ってました

けど、今回の話を見て
貴虎が光実に「ノブレス・オブリージュ」の話をしていた段で
(貴虎の意図とは別に)どうも、何も知らせないで守るというのは
とても傲慢なことなんじゃないか?と思ったり

今話の光実のように、知らせない状態を保とうとしたら
かえって歪んだことをしなくちゃならないことを考えると
”知らせない””隠す”って、どこかで限界が来てしまうのかな、と思ったり…

じゃあ、”俺の戦いは孤独だけど、理解者がひとりでもいれば…”という話になるのかな?とも思ったんですが
今回、紘汰が舞に真実を語ったところ、舞ちゃんはそれを世間に公表しようとした
どうも、この作品は
”俺の孤独を、せめてお前だけには分かってほしい”的な展開にしない、というか
知っている範囲っていうのを特定の人(組織)だけにしようっていう向きもこの作品には無いようで

うーん、紘汰の目指す先ってどこなんだろう…


■願望の話をします

どうも、いつまでもこのへんに拘ってると
本編が楽しみ切れないので、いったん決着を付けるために
とりあえず私の願望ベースで書きます

今回、光実は紘汰を殴った時に”ヒーローの資格”云々言いましたが
ヒーローとは、一体何なんでしょう

この作品ではどう定義しているかが良く分かってないのでアレですが(すいません)
私個人的には、ヒーローというのは
私達に動機を与えてくれる者だと思っています

これは、他作品の話で恐縮なんですが
以前、GAROで、主人公の冴島鋼牙役の小西遼生さん含むキャストの方との
握手会に参加したことがありました

で、まぁ非常に個人的なうえに恥ずかしい話にはなるんですが
握手待ちの列では、鋼牙のあの佇まいが目の端に入ったっだけで背筋が伸びましたし
握手してる時は、正直顔上げられんかった
でもって、会場出るときには、すごい痛い話なんですけど
かなり本気で、清く正しく生きていこう!と思って
エスカレーターじゃなくて階段を使おう!とか
電車では、すすんでお年寄りに席を譲ろう!とか
電車に乗っている時もダラダラしないで、ちゃんと背筋を伸ばそうとか
すげえくだらないですけど、そういうことを考えていました

という、例えがアレな話で恐縮なんですが
でも、ヒーローってこういう存在なんじゃないかなと思うんです
彼らがこの世に居ることで、”こうありたい”っていう動機を
我々に与えてくれるもんなんじゃないかと

なので、これから紘汰が目指す先っていうのも
紘汰がこの世界に存在することによって、この世界の人々ひとりひとりに
動機を与えることなんじゃないかと

番組開始時、紘汰は「変わりたい」といって
戦国ドライバーやロックシードといったヘルヘイムの力を手に入れたけれど
現状、最強(と思われるの)は、こちらの世界の果実から作られたカチドキだったりするわけですし

てことは、カチドキがこの世界の果実の力を引き出したように
そもそも、何かの力を”手に入れる”じゃなくて
もともと、それぞれが持っている力を”引き出す”っていうことが、この世界の活路なんじゃないかと

で、紘汰はその存在を隠すのではなく
公にすることによって、この世界の人がもともと持っている力を引き出す動機
人々に”こうありたい”と思わせる動機になるんじゃないか…というか
ならないかなー、と考えているわけです


なんて、前回に引き続き
なんかいろいろとおかしい話してる気はします
私の頭じゃ、これくらいが限界か…うーん

本編では、光実君がとんでもないことになってたり
戒斗がとうとうゲネシスになったり
次回、まさか紘汰と貴虎が共闘?とか、いろいろ気になる展開続いてますんで
次はもっとちゃんと、本編に添った感想に軌道修正したいなと思ってます

なんか、こんなところまで読んでくださってる方、いらっしゃいましたら
ありがとうございました
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR