トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

キルラキル最襲回

…皆さんは、無駄な努力ってしたことありますか?
私は、あります
あります、というか、ついさっきまでしてました
何かって?そりゃあアレですよ、アレ

キルラキルのわけわからなさを、
どうにかしてわけわかろうとしてたんですよ

ね、本当に無駄な努力でしょ?
これで土日を使い切りました
だいたい、あの羅暁様からして”わけわからない”と仰っていたのに
私ごときがわけわかるわけないんですよ
答えなんて最初から分かってたはずなのに、
それなのにどうして、こんなわけわからないことに休日を使いきってしまったのか

それは、わけがわからないのが私達だからだー

…違う!流子ちゃんとは深みが違うよ!


■おいといて

…とはいえですよ
一応、どうにかして、このわけのわからなさに一度は噛みつこうとした身です
一応キルラキルTV放映完走した身として、何かを書き記しておきたいわけです
わー、みっともない

ということで、今回はもう本当に
みっともないことだけ書きますよ


■個人的には

やっぱり、最後ですから書きたいですよね?こういう感想
キルラキルとは、●●という物語である、ってやつ

…私は、これで泥沼に嵌まったわけなんですが

もともと、”着る”がテーマであると標榜(?)していた作品だけあって
切り口はたくさんあります
人とは何か?服とは何か?着るとはどういうことか?着られるとは?
着られる…つまりシステムに呑みこまれるとはどういうことか?
人は服を脱ぐべきなのか?しかし…

…とかね、番組序盤から観てると
やっぱりこのへんのテーマでいろいろ考えたくなってしまうわけなんですが
最期の最期、あの流子と鮮血の、やっぱりわけがわからない結論で
全部ぐしゃぐしゃになってしまう
羅暁様の「すべては無に還るというのか…」っていう台詞が
まさに、自分のポカーンと感とシンクロしてまして
そもそも、着るとか着られるとか、人とは・服とは…とか
どっちがいいとか悪いとか、かくあるべし!とかどうかとか
そんなのいちいち決めるようなもんなのか?とか
そんなのぐちゃぐちゃ考えるようなもんなのか?って言われた気がして
いや、その通りなんです、その通りなんですけど
なんだか結局作り手の掌のうえで転がされ続けっぱなしで、なんか腹立たしいんですよ
いや、腹立たしい相手は、そんな風に勝手に泥沼にはまってた自分なんですけどね


なんでもう、こういうの全部忘れて
一応、個人的にはこのキルラキルって作品がどう見えたか?っていうことだけ
ベベっと書いておこうと思います

私にとってのキルラキルっていうのは
一人の女の子が、家から解放される話で
一人の女の子が、なんか良く分かんないけど…自分はこれでいいんだ!
って思う話なのかなーと

月並みですね

いや、でも実際皐月様はそうなんじゃないかなぁ…
最期の最期、生命戦維から人々が解放されるのを見て言った台詞が
「これで、鬼龍院の宿業から解放される」
ちょっと前まで「人類の生存が~」と言ってた筈なのに
本当に解放されて気持ちが緩んだ時に、ポロっとこういう言葉が出る当たり
皐月様の本音って、やっぱりこっちにあったんじゃなかろうかと思うわけです

実際、これまでの皐月様のもとになっていたのは、
なんだかんだ言っても、やはり鬼龍院の宿業でしたからね
反逆というのも、家との因果の一つ
だからこそ、それから解放された時に
本能寺学園(本能町)は不要になった


流子は…なんかもう、書くのも無粋な気がするんですが
ついこないだまで、自分は人じゃない、生命戦維と一体化した化け物だー!と
絶望し荒れに荒れまくってた筈なのに、ここに来て
「わたしたちは、人でもなく服でもなく!
 人でもあり服でもあり、 全てでもある!」
とかいう…なんか、なんだ?

これに関しても、どうかこうか…ああ書こうか…といろいろ試行錯誤したんですが
書けば書くほど、どんどん無粋になっていく感じがしてドツボだったので
もうこのへんで

…という、本当にベベっと書きました


■羅暁様と縫さん

と、そう思うと気になるのは
羅暁様と縫さん
この二人、もしたしたらそれぞれ
皐月様・流子と対の存在だったのかも知れないな~という気がしてきました

私がひとりで泥沼に嵌まっていた、人と服問題
これに対し、それなりにわけがわかるように
それなりにちゃんと筋を通してやろうとした時にどういうことになるか?
その顛末を示したのが、羅暁様と縫さんだったんじゃないかなーと
今更ながらぼやっと思ったりしてます

この二人の各種動機に関して、作中ではこれと言った説明があまりありませんでしたが
それでも台詞や言動に引っ掛かるところが多々ありました
するっと”悪役だった”だけで済まされるのは、
なんだかあまりにも勿体ない…

この2人、今後公式でフォロー入るかどうか良くわからんのですが
そのまえに、自分でも自分なりに妄想補完しようかと思ってます


…という、折角の最終回感想なのに何書いてんだよって感じですが
今の私の頭ではこれが限界です
なんか、もう、とにかく、いろいろ至らなかった…

こんな感想で締めるのは嫌なんで、もう一回トライするかもしれませんが
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
29: by キルラキル 25話 on 2014/04/03 at 03:45:31

25話あるらしいですね。エイプリルフールじゃなければ。

32:コメントありがとうございます by きりたちのぼる on 2014/04/07 at 01:41:47

教えていただきありがとうございます
早速25話予告見ました…どうしよう、予告見るだけでなんか泣けます

24話、私の中では未だに消化しきれていないんですが
この25話を落ち着いて受け止めるためにも、自分なりの解釈を整えておきたいと思いました

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR