トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

キルラキル16話…はー、やっといろいろすっきりし…て、ない!

私の悪い癖のひとつに、飲み終わったペットボトル放置というのがあります
飲み終わったんならすぐに捨てればいいのに、ついつい溜めこんでしまうんですね
一応、リサイクルに出すつもりでラベルだけは剥がしてるんですが…
今も、これ打ってる私の足もとには、空の500mlペットボトル(GREEN DA・KA・RAが多い)が
ごろごろと放置されています
その数なんと…15本?やべ、さすがになんとかしないと

さて、そんなペットボトルですが
リサイクルされれば繊維として、服の原料になったりします
ペットボトルの原料は、石油
石油の原料については諸説ありますが、現在もっとも有力とされているのが
生物遺骸という説

我々は、既に生物の遺骸を繊維とし、それを用いた衣服を着用しているのです
ということは、生きているか・死んでいるかの違いだけで
宇宙生命体が繊維となり、服になるのも道理…

なわけないですよね

私の現状とキルラキルと無理やり紐付けてみようとしましたが
全くの徒労でした
ムダ文読ませてすいません


■今回の話で、余計謎が増えたような気もするんですが…

今回明らかになった事実、とりあえず私の頭で分かっただけざっくり
…ちなみに、用語は正確じゃないのでご注意を

・生命戦維は宇宙生命体
 生物から発する電流?だかなんだかを摂取しているが、
 体内に寄生すると宿主が死ぬので、服として外側についた
・生命戦維に寄生(?)されたから、猿が人類になった
・これまでは、人間に服を着る習慣だつけて沈黙していた生命戦維だが
 20年前、羅暁様が原初生命戦維に接触してからというもの
 リボックス社のシェア拡大とともに、一気に広まったらしい
・生命戦維の活動が再び活発になったら、大変なことになるらしい
・鬼龍院家はカバーズの代弁者
 そして今回の成果を受けて、皐月様が後継者と認められたらしい
・纏博士はもともと羅暁様の下にいたが
 離反し、ヌーディストビーチを立ち上げたらしい
・鮮血は纏博士が一からつくりあげたもの
 生命戦維への耐性(?)が高い流子のための服らしい

プラス
・人衣圧倒は、皐月様に相当負担をかけているらしい
・本能町は実験都市らしい
・羅暁スタジアムで、大文化体育祭をやるらしい

えーっと、とりあえず、設定が人類とか宇宙規模ということは分かりました
あとは…なんか、分かったようなわからんような…


■鮮血が何なのか、分かったようなわからんような…

とりあえず、鮮血は地球産なのですね?(←理解の仕方がひどい)

で、流子のために作られた服であると…はああ
一応オーダーメイドだろうに、なんでセーラー服の形だったんだろ?
そういや純潔もセーラー服型だし、
セーラー服型が神衣の力を最も効率的に発揮できる~
…とかなんとかいう理由でもあるんですかね?

あと、鮮血の原料って何?
一からっていうことは、原初生命戦維はまったく含まれない
アレとは違うものから作られてる、っていう理解でいいんですよね?
あれ?じゃあ、戦維喪失の時に、鮮血が生命戦維を取り込むのは何でなんでしょ?
っていうか、この”取り込む”っていうのは、鮮血特有の機能(?)なのかな?
純潔は他の生命戦維取り込んだりするんだろうか?

仮に、この取り込むという機能が鮮血特有のものである場合
やっぱり、纏博士が意図的につけた機能なのかな?
鮮血が取り込むと、何かいいことがあるのかな?
あ、鮮血が取り込んだら、鮮血になるのか…

うーん、将来、鮮血が原初生命線維を取り込もうとする展開とかあるんだろうか?


■美木杉が何者か、分かったようなわからんような…

ヌーディストビーチは、羅暁様のもとを逃げ出した纏博士が作った組織であると…はああ
てことは、羅暁様が生命線維に接触したのが20年前らしいから、
それ以後にできた組織ってことなのかな?
資金源はともかく、あれだけの人が集まったのは何でなんだろう?
美木杉と黄長瀬は、どうしてこの組織に所属してるんだろう?

ああ、黄長瀬は5話の回想で白衣着てたから、
もともとはリボックスの生命戦維研究チームとかだったりしたのかな?
見た目に反して知性派なのか?
…てことは、美木杉のルーツもそっちなのかな?
他のヌーディスト戦士達も、実はリボックスの離反者だったりするのかな?
だってそうでもないと、あんな内容一般人に説明したって、
ちょっと付いて行けないよねぇ…
みんな、アレが分かってるから、あんなトンチキな団体に所属してるわけでしょ?

黄長瀬が生命戦維を危険視してるのは、キヌエさんの件がきっかけだろうけど
美木杉はそのへんどうなんだろ?
流子と鮮血の友情を希望と言ったのは、これまでの彼らの経緯を知っているから
でも、物語スタート時の美木杉はどう考えてたんだろ?
美木杉も、黄長瀬同様キヌエさんの知り合いだろうに、
どうして黄長瀬ほど服に疑念を持たず
流子に神衣を渡す役を果たすことができたんだろう

流子は実験台だと考えたから…にしては、ずいぶん彼女に肩入れしてる感じですし
キヌエさんの”人と服は敵じゃない”という言葉を信じてたから?
…なら既に裏切られてますし
鮮血は、原初生命戦維からではなく、纏博士の作った神衣だから?
だから、信じられるかもしれないと思ったのかな?

…そういや、美木杉ってどうしてここまで纏博士からの信頼を得ているんだろ?
なんで、ヌーディストビーチのなんとかオフィサーっていう高い役職についてるんだろ?
纏博士と何か深い因果があるのかな?
それともキヌエさん繋がり?(キヌエさんも詳細は未だによくわからないけれど)

なんか、すべて話すという割に、視聴者が知りたいことはまだまだ謎なんですよね…


■カバーズの意思が、分かったような分からんような…

…「壊惨総戦挙」とか、「襲学旅行」とか
皐月様のネーミングセンスは、お母様譲りだったのですね
「大文化体育祭」…うーん、これはこれでいろいろ無茶苦茶ではありますが
私は、娘さんのネーミングセンスの方が好きです

それにしても羅暁様、お若い…
高校生の娘さんがいるとは思えない美しいスタイルと艶やかな肌
羅暁様が原初生命戦維と接触したのが20年前ってことは、
その後に授かった娘さんということかー
だから”カバーズの子”ってこと?…カバーズの子…カバーズの…

…いやいや、まさか!
えっと!初見時は羅暁様と皐月様って血縁じゃない可能性もあるかと思ってましたが、
顔かたち(特に眉)がかなり似ているので
やっぱり血縁なんでしょうねぇ…
皐月様の瞳とか髪色とかは、お父様譲りなんでしょうね!ですよね!

生命戦維が人類に寄生したのは、はるか古代
で、羅暁様が生命線維に接触したのが20年前だから、
…羅暁様は、どこで生命戦維と接触したのかな?
原初生命戦維は、今回皐月様を案内した場所で鬼龍院が代々守ってたってことでいいのかな?

もし、鬼龍院が代々守っているのだとしたら
あの場所に原初生命戦維を移したのは、多分ご先祖様
なら、多分そのご先祖様が原初生命戦維とお話できたってことなんですよね?
てことは、鬼龍院はもともと生命戦維との融和性が高いというか
着こなせる(声が聞こえる)体質の家系なんですかね?
生命戦維のルーツっていうのも、鬼龍院のご先祖様か羅暁様が
生命戦維本人(?)から聞いたんでしょうねぇ
(で、その話を知った纏博士が、ヤバいと思って逃げ出した…と)
羅暁様以前は生命戦維が活動を潜めていたということは
これ以前は、鬼龍院の中でも認識が低い話だったのかな?
…うーん、ラピュタの飛行石の伝承みたいなもんで、
一族の中でも、半分おとぎ話みたいな扱いになってたとか…?

…ありゃ?そういや皐月様って、純潔の声聞こえてるのかなー?
前回で自分の思い通りに変形させていたことから、意思疎通(?)はできてるっぽいけど
流子&鮮血ペアのように、会話はしてない感じですよね
単純に、会話をしないので視聴者が分からないだけなんですかね?

…まぁ、そこは今は置いておいて
羅暁様が原初生命戦維と再び接触したってことは、
羅暁様が生命戦維とお話できる体質で
羅暁様が原初生命戦維に会える場所に行って
なおかつ、生命繊維も羅暁様とお話したいと思ったってことで…
生命戦維がお話したい目的は何だったんだろう?

ああ、これがカバーズの意思っていうやつか
えっと13話で羅暁様が社員に話していた…罪を纏うとか、服のための服を作るとか、
あと、今回の人類が服に奉仕っていうのは、人間側の心意気の話だから
カバーズ(生命戦維)側の意思は、皐月様が言った
「服とは世界、天と地と人を包み、すべてを覆わんとする大いなる意思」の方かしら?

ん?人はともかく、天と地…?
人の方は、リボックスの方で100%カバーできそうですが
人をすべてカバーしたからといって、天と地をカバーしたことにはなりません、よね?
えーっとこれは、人はもちろん包むけれど
天と地…つまり人類一人ひとりっていうスケールじゃなくて
もう地球自体を覆ってしまおうという考えなのかな?
そうしたら、人類を自分たちの内部に取り込める…
で、人類を自分の中で飼っていれば、エネルギーを安定供給できる、とか?
黄長瀬が、生命戦維のやり口(?)を家畜の飼育に例えたのはこういうことですかね?
家畜かぁ…家畜の安寧、虚偽の反映…進む意思を嗤う豚よ(作品違う)
…ん?豚?

豚といえば思い出すのは、皐月様の
「人間は服をきた豚だ!」
これって「人類は服に奉仕」というお母様の言葉に一見添ってはいるようですが…
なんか、含んでるニュアンスが、ちょっと違いますよね
これって、服に着られているだけの人間を蔑んでる言葉であると同時に
(これまでの皐月様の言動を見るに)人間側に発破をかけている面もあるんじゃないかと
皐月様のキーワードを振り返ると

・「着こなす」「人衣圧倒」3話
着こなすというのは、神衣が最も力を振るえる姿にするということ…
これだけ書くと服に奉仕しているようですが、皐月様が着こなした姿は「人衣”圧倒”」で
今話を観た限りでも、皐月様は純潔を抑えつけながら着ている模様…
6話、渦が極制服のオーバーヒート起こした時も、服を凌駕したことを評価していたようだったので
服に奉仕、という考えとはちょっと違いますよね

・「服の怖さも知らぬ者が、服を笑うか」「人と服との共生は夢物語」15話
これは前回の台詞、皐月様が服の”怖さ”と言ったのが印象的だったので
先の「圧倒」と併せて考えると、服の恐ろしさを認識したうえで、それを克服するのが
服を乗りこなす…もとい着こなすっていうことなのかと
で、共生が夢物語っていうのは…この共生っていうのは、流子と鮮血のような
服との友情のことを指していると思うので、↑の話と合わせて考えると
皐月様は、人と服の関係は、支配し支配される関係しかあり得ないと考えている?
でもって、それは人が服を支配する、まさに支配服従関係を良しと考えているんじゃないかと

…今回、皐月様は羅暁様の後継者と認められたようではありますが
お母様に対していろいろ企ててはいるような向きも、ありそう
とはいえ、今のところ思わせぶりな台詞とカットがあるだけで
どうもまだ尻尾が見えないですねぇ?

そういや、本能町も、どうやらもともとお母様の指示による実験都市だった模様
そんな経緯もあり、次回はとうとうお母様が本能寺学園へ向かわれるようで…
本能寺学園、本能寺…ふうむ

本能町といえば、個人的は、本能町自体がバベルの塔っぽいような気もしてます
でもって、羅暁様はなんだか、神っぽい(←13話の印象だけで言ってます)
新OPって、皐月様も一つ星生徒と戦ってるように見えるんですけど
これって、神の怒りに触れて言語がバラバラになって~っていう
あの辺のくだりに関係あるんじゃないかと勝手に思ってます


ああついでに、ちょっと前の話に戻るんですが
もし、カバーズが地球レベルで覆いにかかった場合
戦いは地表を離れ、宇宙に~という可能性が出てくると思ってます
本能寺学園は、これまで散々”宇宙船っぽい”学校だと言われ、
そのたびに「まさかぁ~?」と思ってましたが
そう考えると、まさかのまさかっぽくなって来ましたね


■羅暁様、皐月様、流子

とりあえず、流子を含めた3者の服へのスタンスは、こんな感じかと考えてます
羅暁様:服の代弁者、服に奉仕
皐月様:人衣圧倒、服を支配
流子 :人衣一体、服は友達

現状一番気になるのは、やはり皐月様
人衣圧倒には相当負荷がかかっているようです
やはり、人類に服を支配することはできないのでしょうか?

そして流子
鮮血と順調に友情をはぐくみ、現在最も理想的に見える関係ですが
今回、流子は鮮血を思いやるあまり、鮮血を脱いでしまいました
…まさか、友情にこんな弊害があるとは!?
しかし、”友人”と考えたら流子の行動ももっともです
ここ、一体どういう風に決着をつけていくのか、気になりますね…

でもって、一番読めないのはやはり羅暁様
とりあえずキーワード拾って””奉仕”に括ってみたのですが
どうも、それだけでも無さそうな気がするんですよね

まず、纏博士やヌーディストビーチの面々、そして多分皐月様も”服がヤバい!”と思っているのに
羅暁様だけそこに思い至らないってちょっと不自然?
これに関しては、服を着るのは人間の本能、本能に逆らう種はやがて絶滅に至る、
ということを仰ってましたし
羅暁様はもしかしたら、服に奉仕する⇔人を庇護するという人と服の共生関係を
本気で信じている人なのかも知れません
もしくは、他の奴らはどうなっても、
自分や、自分の一族らは大丈夫だと思ってる、とか?

でもって、初登場時の羅暁様の台詞「今日は誰を着ようか」
「今日私を飾ってくれるのは誰かな」
あれって、きっと原初生命戦維から発生した服達ですよね?
だとしたら、かなりフランクな語りかけというか…
少なくとも対等以上のニュアンスがあるような気がするんですよねぇ?
それこそ、流子と鮮血みたいな

羅暁様は、意外と流子とスタンスが近いんでしょうか?
流子と羅暁様の違いって何だ?流子は服を1着しか持っていない(マコ談)けど、
羅暁様はたくさんの服を持っている…
流子は特定の服としか友情を結べないけれど
羅暁様は、もっと多数の服と関係を持つことができる…

羅暁様は、服に特別に愛された女、ってことなんですかね?



…という
もう、感想や考察というには、あまりに?が多すぎる
見苦しい文章ですいません

なんだかんだいろいろぐちゃぐちゃ書きましたが
個人的に一番衝撃だったのは、伊織さんが揃さんの甥だったってことです
これまでの厚遇の理由が、これでやっと分かりました
今回のすっきりポイントは、はっきり言ってこれだけですね!これだけ!!

現在16話で…あと残り、えー…8話?!
普通のアニメなら、あと8話しかないのにどうすんの!って思うところなんですけど
キルラキルは、あと8話もありやがる、いったいどこまでどうする気なんだ?!と
スケールの読めなさに恐ろしくなります…
私、最終回までちゃんと体力持つのかしら…

いや、ここまで来ちゃったんで、最後までついて行く気は満々なんですけどね
キルラキル…本当にひどいアニメだ(←褒め言葉です)

でもって、こんな↑文章とも呼べないアレコレを
ここまで読んでくださっていたら、ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR