トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

鎧武13話…仮面ライダー鎧武見て本気でへこむいい歳の大人です、こんにちは

仮面ライダー鎧武見て本気でへこむいい歳の大人です、こんにちは

第11話、ラストの台詞でボッコボコになって、
それでも年末年始はさんだので、それなりに立ち直ったつもりでいたんですが
やっぱりきついなぁ…鎧武

今回のへこまされポイントは、ビートライダーズ達に対する市内の大人たちの反応
なんーかあの反応、視聴者として見てるぶんには、愚かな民衆(?)みたいだなとは思うのですが
でも、あの批判したり非難してる大人たちの気持ちが分かってしまったり
ユグドラが、ビートライダーズに責任をなすりつけている(ように見える?)ことに
「ひどい!」と思いつつも、「あ、でもわかるわー」と、なんとなく納得してしまったり

うーん、自分としてはなんだかんだ言いつつも
心情的には主人公サイドに付いてたつもりだったんですが
なんか今回は、自分って大人になっちゃってるんだなぁと思ったわけで

いや、大人であることが悪いわけじゃないんですけど
どうも鎧武見てると、大人であることがあんまり幸せでないような気がしてしんどいですね
自分を省みても、大人になりたくてなったのか?と言われれば否だし(11話の紘汰のこと言えない)
今も、この作品の大人達がしているような考え方って「わかるわー」と思いつつも
じゃあ、自分が彼らにそういった非難ができるような立派な大人であるか?と言われると
そういうわけでもないんで

なんだろう、主人公らが大人に対して否定的な目を持っているのに
「ちょっとそれは…」と思いつつ、ちゃんと彼らを説得できるような材料を
自分が持っていないことが精神的にキツイのかな
特に、紘汰やミッチらが、昔の自分みたいなこと思ったり喋ったりしてるもんだから
なお不始末感とか、罪悪感みたいなのが煽られてる気がする
「大人の責任」って、何度聞いても耳に痛い言葉だ


今回はピエールの件とか戒斗の件とか、なにより初瀬君の件とか、
ストーリー展開上で気になったところは色々ある筈なのに
なんかもう今日は無理だなぁ、なんとか気持ちが立て直せたら考えてみよう

なんかもう、いつもひどいんですけど
今回は特にひどくてすいません(チラ裏に書けって話だ)
自分でも、ここまで鎧武に気持ち入れて観てるとは思わなかったです

こんな見苦しいぼやきを、ここまで読んでくださってたらありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR