トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

後悔も、反省無しでは意味がない~この1年を振り返って~

…このブログ始めてから、そろそろ1年くらいらしいですひええ

私は大変おめでたい脳みその持ち主なので、ここに掲載していた日記の内容など
投稿した瞬間にころりと忘れてしまうことが多い…というか
今の今までほとんど忘れてたんですが
改めてタイトル一覧見返して思う…どうしてこうなった?

というアレで、今回は超個人的な大後悔大会を行います
なお、後悔はしますが反省する予定がないので(←!?)
多分、今後何も改善されません
ご了承ください


■もともと

…ブログタイトルの下に書いたとおり、もともとは
初音ミクProjectDIVAfで遊んだ内容をたまにちょろちょろ載せるくらいの
ダラダラした日記ブログやるつもりで(説明文変更しとかんと)
実際、初期はその通りの内容だったと思います

その中で、初音ミクをはじめとした”ボーカロイド”というものが
どういう存在なのか、というのが気になり初めて
自分なりに考えてみたことを、ちょっと書いてみようかなーと思った矢先…

■音楽劇「千本桜」

…今年の前半、私のエネルギーはほぼこれにつぎ込んでました
今見ても、ずいぶんアホな記事たくさん書いてます
これ、DVD発売と同時に全部消すつもりだったのに…何で発売延期するん!!
早く!早く発売!!頼みますよ!

とか言って、一時ほどの熱気は大分落ち着いたものの、
実は、書きたい感想がまだちょっとあって
へんなタイミングでこっそり記事が増えてるかも知れません
そしたら、え?何こいつしつこい!とか思っても、そっとしておいてあげてください

あと、これのせいでこのブログ、大分変な方向に舵を切っちゃった気がします
自分の人生を変えた演劇はあるか?と問われたら、確実にこの作品だろうなと思います

■うたプリアニメ

未だにこのキーワードで来てくれる人がいるようで…有り難いやら恥ずかしいやら
ちょっと変なスタンスで書いてる記事ばっかりだったんですが、それでも
楽しんでいただけていたら幸いです

しかし、この作品やそれを取り巻く現象などを見たり聞いたりしていると
自分の既成概念が、リアルタイムでどんどん覆されていく感覚があります
再来年にはまたアニメやるみたいですし…
って、アニメ二期が大分振りきれた感じだと思ったんですが、次どうするんだろ?
制作側がどんな手を打ってくるのか、今から楽しみです

■キルラキル

グレンラガン好きだったし…というきっかけで観始めて
たまには気楽なアニメ感想でも書いてみるか…と書き始めた視聴日記
…どうしてこうなった

毎回毎回、あのダラダラした文章をどうにかできないものかと思うんですが
なかなかうまくいきません
毎週アニメ感想書いてるブログさんとか、すげえなぁと思います
あと、自分の記憶力がトリ並に儚いのも、感想書く上で悩ましいところです

とりあえず、1クール目を見てきて、今なんとなく思っているのは
「グレンラガン」が男の物語であったのに対して
「キルラキル」はやっぱり、女の物語なんじゃないか?ということ

でもって、この作品のテーマって、実は
「少女の自立」とか「私の居場所はどこ?」とか
そういう、少女漫画や朝の連ドラが取り扱ってるような、ささやかで、
なおかつとても個人的なものなんじゃないかな?という気がしてきました
ただそれを、80年代少年漫画のような、男性向けのフォーマットでやろうとした場合
本能寺学園とか四天王とか、そういう大仰な舞台装置や設定が必要だったり
全国支配うんぬんとか、人類解放うんぬんとかいう壮大な建前が必要だったりするんじゃないかと思ってます

美木杉とか黄長瀬とか、大人の男性が話の中心からちょっと引いたところにいるのも
やっぱり女の人の話だからかなーと思います
でもって作り手の本音も、実はこの二人がボロボロ喋ってるんじゃないかなって気がしてます
気がするだけですけどね

■仮面ライダー鎧武

通勤で使ってる駅で広告見て、「あ、なんか面白そう」と思い
キルラキル同様、気楽に感想書いてみるか→どうしてこうなったという流れです
なんか今年はこんなのばっか

変身の面白さに反して、扱ってるテーマ(強さとは、大人とは、仕事とは等)が
結構厳しいな~とは薄々思っていたんですが
まさか、朝から仮面ライダーに心折られるとは思いませんでした(11話)
今だから言いますけど、あの回視聴後、布団で泣きましたよ
丁度仕事でうまくいってない時期だったので、本当に心の底からボコボコになりました

脚本に関してはいろいろ言いたいことあるんですけど、とりあえず
視聴者の心の弱いところえぐるような台詞はもう少しオブラートに包んでください
やっぱり仮面ライダーからは、明日を生きる勇気を貰いたいです

■総括?と展望

という感じで、今年は本当に「どうしてこうなった?」っていうことで
1年を使いきってしまった感があります
昔から計画性の無い人間だとは思っていたんですが、こうしてログを見返すと
思っていた以上に無計画人間で頭が痛くなります
来年の私は、一体何をしているのか…自分でも読めません 自分のことなのに!

一応、もともとは”ただのオタク”視点でボカロを語ろうブログを目指していたので
来年はもうちょっとボカロも扱いたいなぁ…と思っていますし
将来の夢は”マイ腐女子論”を書くことだったりするんで…ああでも、これやると
友達無くすんだよなぁ…(話聞く段階で、既に何人か怒らせた)

と、なんだかグダグダしてきたので、このへんで
今回は後悔がメインで反省は無いんで、もう、これで終了です
来年の今頃も、(続いてたら)似たようなことぼやいてるかも知れないと思うと
今から目の前が暗くなります…って
来年の話をするとなんとやらですね


こんな個人的な話を、ここまで読んでくださってたらありがとうございます
そんな忍耐強いあなたの、今年の残り数日と、来年の幸福をお祈りしておりますよ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
19: by たくや on 2013/12/28 at 23:47:42

キルラキル関連から、楽しく拝見させていただいてます。きりたちさんは文章から男性かと、最初は思ってました(失礼)。理屈っぽいところとか、、好きですね。
ボカロでは個人的に暴走pファンですので、消失シリーズや、空想庭園関連の分析がきりたちさん視点で聞きたいなあ。千本桜食わず嫌いしてたので、聴いてみます!

20:コメントありがとうございます。 by きりたちのぼる on 2013/12/31 at 02:13:23

コメントありがとうございます。
理屈っぽい…おお!そう見えているなら嬉しいです。正直、自分でもブログ始めるまで自分がこんな文章(?)の書き方する奴だと思ってませんでした。とはいえ、以前にコメントいただいた時のように知識があやふやなまま書いてたり、大事なことスコーンと抜けてたりするあたり、まだまだ修行が足りないです。がんばります。
キルラキルについても、自分の書いてる内容ってどうなの?といつも投稿してから後悔するんですが(遅い)、的外れな予想ができるのもリアルタイム放映中作品ならではの楽しみ方だと思い開き直ってます。いろいろ大目にみてやってください。
ボカロについては、自分はキャラクターとしてのボーカロイドからこの界隈に入ったクチなので。(千本桜も、曲というよりはそれを元にしたミュージカルにはまった感じですしね;)まだ曲について考えられる領分に至っておらず…いろいろな議論が成熟しているボカロ界隈で、若干ずれてるうえにすごく今更な話をする人間になりそうです。
あと、消失シリーズは知っていたのですが、空想庭園シリーズというのはこれまで存在を知らず、今日初めて動画見てみました(遅い)。改めて、ボカロ曲って独特だなぁと思いました。語れる日が来るかは分かりませんが(すいません)、自分の中で新しいドアが開いたような感覚はあります。教えていただきありがとうございました。
…どうも、折角コメントいただいたのにネガティブなことしか書けず面目ないのですが、こんなんでよければ来年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR