トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

キルラキル11話…皐月様の置かれている状況が、大分浮き彫りになってきましたね

とても虚しいのです

このタイミングで新キャラが出るのも、
このタイミングで皐月様のお母様の情報が小出しにされるのも、
すべて、すべて作り手の計算ずくだというのを
今回の話で嫌というほど痛感しました

私のような人間が、各話を見ながら
ああなんじゃないか、こうなんじゃないかと考えても
そんなの、所詮作り手の掌の上の出来事
私は所詮、想定の枠の中のことしかできないのです…

…けど、ま、いいか
考えちゃうもんはしょうがないったらしょうがない
掌の上だろうがなんだろうが、踊ってやるよ!いくらでもな!!


…という変な前置きはさておいて
キルラキル11話です…これってどうなの!

■とにかく、縫さん

…いや、前半もいろいろあったんですけど
後半がね、全部持っていっちゃいましたよね

今回登場の新キャラは針目 縫(はりめ ぬい)
神衣について知っていたり、渦君の剣の装・改を小指一つで分解するなど
規格外の実力を持っているとおもったら
どうやら、皐月様のお母様の経営するリボックスコーポレーションの
グランクチュリエ(高次縫製師)とのこと
…ってことはこの子、見た目は凄く若いけれど
案外歳食ってたりするのかな?…まあいいか

この子の何が一番気になるかっていえば、まずは左目のアイパッチ(?)
これがにはどんな秘密があるのか、はたまたただのファッションなのかは不明ですが
…いや、こんなにあからさまに異様な特徴なのに、秘密がなければ逆にすごいな
とにかく、油断ならない感じです

あと、皐月様との会話内容も、いろいろと気になりますね
「僕とあなたは一心同体じゃない、昼も夜も」
「相変わらず素敵ね、その冷たい目、冷たい肌がたまんない
 この指先がうずきます」
…一心同体?昼も夜も?冷たい!”肌”がたまんない?
単語だけ並べると、なんか色っぽい話にも聞こえますが
もちろん、そんな穏やか(?)な会話で無いのは、皐月様の様子で分かります
皐月様が狼狽するなど、蟇郡や、乃音ですら初めて見るようで…

上の会話と、縫さん(なんとなくさん付け)の肩書から想像するに
うーん、昼も夜も一心同体っていうのは、服のことだと思うんですが
皐月様の服って、縫さんが縫製してるのかな?
…まさか、彼女自身が実は服ってことは、ない…いや、この作品ならアリか?

とはいえ、皐月様が縫さんに対し
「貴様は誰とも交わらない」と発言しているのが気になります
誰とも交わらないというのは…この作品でいうところの
着る・着られるの関係を結ばないってことかな?
縫さんは、皐月様に対し「逆らったことないでしょ?」って言うけど
…確かに、交わってる感じしないですね

あと、あんま関係無いかもですが
このへんのやりとりと、マコと四天王らのやり取りを見て
パッと見キャラが被ってそうなマコとの差別化が結構際立ってて
なかなか面白いなーと思いました
交わってるようで、交わってない縫さん
交わってないようで、しっかり交わってるマコ、みたいな感じで
…この辺、今後の展開にもかかわるのかな?…かかわらなさそうですが

でもって最大の謎は、流子が持っている片太刀バサミの
もう片方の片太刀バサミを持っていることと
流子に対し、父を倒したのは自分と伝えたところ
…流子が、あの纏一身の娘っていうのを知っていたというのは
あそこで飛び去った人物が彼女なら、確かに知ってても不思議じゃないけど
あからさまにシルエットが違うのが気になるところなんですよね
ただでさえ話数限られてるのに、視聴者のミスリード誘うっていう理由だけで
あそこまであからさまに違うシルエットにするもんなんですかね?
むしろ、わざわざあそこで飛び立つシルエットを再度映したのは、
視聴者に対し”こんなこと言ってるけど、シルエット全然違うでしょ?”と
言われているように見えるわけで…

片太刀バサミを一身から貰ったっていうのは、奪い取ったということなのか?
だったらどうして、両方ではなく一方だけ持ち去ったのか?
…もともと片方だけ欲しかった?それとも、奪ったのではなく
流子のように、一身から託された?
だったらどうして、残りの一方で一身を刺したのか…
…あれ、でも流子の片太刀鋏って、生命戦維にのみ有効なんじゃなかったっけ?
あれ?じゃあ何で一身さん、あんなにざっくり刺されてたんだろ?
なに?一身さんは、実は生命戦維だったとか、そういうこと?

↑という、雑なうえに今更な疑問は置いておいて
流子の回想で、一身は”自分を殺した…”と言い
彼女も一身を”殺した”と言ってはいますが、どうもここが言葉ばっかりで
物証(?)が伴っていないのが気になるところ
建物に火が放たれたとはいえ、死の瞬間を誰も目撃してなさそうなところが
とにかく引っ掛かるんですよねぇ…本当に死んでるの?

…と、やたら長くなりましたが
とにかく、やはり縫さんの発言は、ストレートに取るわけにはいかなそうですね

■皐月様の立ち位置が、だいぶ見えたかも

縫さん個人の情報もたいへん気になるところですが
やはり最大の問題点は、そんな彼女を送り込んだのが
皐月様のお母様、鬼龍院 羅暁(きりゅういん らぎょう)様ということ

てか、羅暁ってすごい名前っすね
名前の元ネタは何?裸形?ラ行変格活用?

…話がそれました
そんなお名前に負けず劣らず、お姿も、社会的な立場も素晴しい

常に光を纏う羅暁様は、その部下の方(鳳凰丸 礼さんというそうです)が
お仕えするときにサングラスを着用しなくてはならないというほど
…なるほど、皐月様のご光背は、お母様ゆずりなのですね
お顔もよく似てらっしゃいます、眉毛のあたりが特に…

羅暁様の髪は、表面は白銀に、裏面(?)は七色に輝いております
また、優美な曲線を描くお背中には、おいたわしいことに
星型のような傷跡がたくさん入っています
このあたりが、常に七色の光を放つ秘訣(?)なのでしょうか

そして、なにより、世界のアパレル産業の70%の売り上げを占める
リボックスコーポレーションの…社長様(?)であらせられるわけでして
それはそれは、身にまとうお衣装にもお気を遣われています
お手持ちのお洋服は数えきれないほど
どの服も、なんとも不思議な光をたたえています
「今日私を飾ってくれるのは誰かな?」…服に語りかけるこのお姿に
お洋服に対する愛情(?)、そしてアパレル業の頂点に君臨する者の心構えが
ビシビシ伝わります

…って、服に話しかけるって、流子と一緒じゃん
なにあれ、あの服みんな喋るとかそういうこと?なに?神衣なの??

まあこのへんが実際どうだかは分かりませんが、
とにかくあのお母様、腹のうちが読めないですね
「あの子の気まぐれに付き合っている」…あの子って、皐月様ですよね?
お母様から見れば、皐月様がとんでもない信念をもってなさろうとしていることは
気まぐれ程度にすぎないということなのでしょうか?
それに対するご自身の関わりも、付き合うという程度にしか過ぎない
リボックスすの経営に比べ取るに足りない事象ということなのでしょうか?

おお…何やら、鬼龍院家における皐月様の立ち位置が
大分浮き彫りになってきた感じしますね

■皐月様は何をしようとしているのか
 そして、今後の展開に期待すること

では、そんな皐月様がなさろうとしているのは何かというと
今回分かったのが、四天王の極制服の問題点確認と…おそらく改善
どうも、皐月様はもともと、四天王を切るおつもりは無いようですね

とはいえ、既に改良済みである渦の極制服すら
今回登場の縫さんにより「絆糸(ばんし)」を一瞬で見抜かれ、切られてしまいます
これを見るに、皐月様がお持ちの生命繊維縫製技術は
やはりお母様の会社の技術には遠く及ばないようですね
…皐月様が娘であるということなら、いずれはリボックスを継ぐ可能性が高いと思うのですが
何故、皐月様は(恐らく)独自に極制服を制作しているのか?
母から生命戦維に対する技術・技能はまだ受け継いでいないのか
それとも、受け継ぐ予定は無い?継ぐつもりがない?継がせるつもりがない??

うーん、鬼龍院家の教育方針がどういうものなのかは全く分かりませんが
皐月様が「このタイミングで針目とはな、あの人らしいやり方だ」と苦々しげに呟くあたり
まずどう考えても、娘の目論見をつぶしにかかってるってことですよね
それも、自分の力が圧倒的であると見せつけた上で
わぁ…なんか超ストレスたまるわ

なんかこう、母親が娘の前に立ちはだかる話っていうのは
少女漫画や女性向けのドラマなんかではそれなりに見かけると思うんですが
(とはいえ、思い浮かぶのは「デザイナー」(一条ゆかり)くらいなんですけど)
こういう、少年漫画の体で作られている作品で取り扱うのは珍しいですよね?
少なくとも私は、初めて見ました

なので、多分ここから先は
母娘の対立というのを、男性向けのフォーマットで描くっていうことになるん…ですよね?
これはかなり興味深い話です
私もいち女性視聴者として、楽しみつつちょっと厳しめに見させてもらいますよ!


あと気になるところと言えば
「あとはお前次第だ、纏」…皐月様は本当に、流子ばっかり
本当に、今回頑張って戦った乃音が気の毒になるくらい
皐月様はとにかく流子に語りかけます、例え本人の耳に届いていなくとも
これは何故なのか?

大体、”お前次第”って何なんでしょう?
流子の目的は父の死の真相を知ること、
そのために訳知りそうな皐月に話を聞こうとこれまで戦ってきたわけですが
今回のラスト、自ら下手人と名乗る人物が出てきたわけで…
あれれ?じゃあ流子は、皐月様から話を聞く必要って…無くなった?ってこと??
流子としても戦う目的は、
皐月から事情を聞き出す→父殺しの犯人を倒す、にシフトしちゃったみたいだし
このままじゃ、皐月様が流子の行き先から外れちゃう?かも??
…羅暁さんはここが狙い?

じゃあ、皐月様がここまで流子に語りかけ、呼び寄せる(すべてを倒せと言ったこと)
その目的って一体何なんでしょうか?
本人に届かないようなところですら流子に語りかけるあたり
単に学園の再編のために利用した、なんてレベルじゃないですよね?
皐月様は8話のラストで、四天王との戦いに勝ち抜いたら
流子に「父親の死について語ってやろう」と言ってましたが…これは何なのか?
単に犯人の話?ならば今回で(事実上)チャラになった感じですよね?
いや、”死について”っていっているあたり、情報はそれだけでないのかも
…もしや、一心が死に際(?)に言った、流子に”伝えなければならないこと”
これを皐月様が知っているということなのか?
もし仮にそうならば、どこで知ったのか、どうして知っているのか?
そして、何故”すべてを倒せ”なんてもったいつけたのか

きっと、皐月様の口から”真相”が語られたときに、新たな展開に入ると思うんですが
もう、なんかもう…もう!

■生命線維の謎、あの弾丸の謎

先述の「絆糸(ばんし)」っていうのは、伊織さんの説明によると
服になろうとする意志を持たせた、生命戦維の要の糸で
鮮血に吸収される際でも、この絆糸が最後らしいです
…”意思を持たせた”…なんか嫌な予感しかしないフレーズですね

今回の話を見るに、戦維喪失をくらった後でも
ブツ切れ状になる他の生命戦維と違い、絆糸は長いままのようです
(乃音の極制服からは3本くらい吸収したように見えたけど…3つ星だからかな?)

そうすると、ちょっと気になってくるのは5話
黄長瀬がカプセルに捕獲してたあの生命戦維、あれも絆糸だったのかな?

でもって、今回黄長瀬が美木杉に渡した弾丸に使われていた
生命戦維と思しきアレ、あれもやはり絆糸なのかな?
美木杉の台詞から察するに、生命戦維を吸収するほど鮮血がパワーアップするみたいだから
…あの弾丸の目的って、鮮血に力を与えるってこと?
あれ、でも美木杉って、進化スピード危惧してたよね?ってことは効能が逆?
逆なら…え?どんな効能??(自分で言っておいて)

あと、黄長瀬は
”この弾をあんたが使うなんてな、本部も不安がっていたよ”って言ってたけど
…これは、この弾丸を使うのが不安なのか
使うのが美木杉だから不安なのか…

それと、流子と鮮血の絆で気になるのが
鮮血は、流子の声が聞こえないと(流子を感じられないと)ダメらしいということ
血を吸収する・血のつながりだけでは、あの戦いの中では足りないということかな?
その結果…今回は動きが鈍っていただけみたいだけど…だけど…
なんか不穏な感じする

あと、どうでもいいことかもですが、黄長瀬が美木杉に縫さんの説明する時
”御社の~”っていう言い方してたけど、美木杉は本能寺学園ではなく
リボックスへのスパイってことなのかな?
てことは、美木杉が注視、ひいてはヌーディストビーチが危惧するのは
本能寺学園・鬼龍院皐月の目論見ではなく、
やはりリボックスの動向ってことなのかなぁと


…やはり後半の話でいっぱいになってしまった
乃音・渦についても触れようと思ったけど、今回見た限り彼らにはまだ先がありそうだから
うん、まぁ、いっか…四天王頑張れ!(ぞんざい)

と、今回もこんなダラダラした感想だかなんだかわからない記事を
ここまで読んでいただき、ありがとうございました
※流子さんのお父さんの漢字修正しました、正しくは”一身”です、すいませn
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR