トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

キルラキル9話…そろそろ美木杉がどんな奴かも気になってきましたね

前話がいろんな情報チラ見せの布石回としたら
今回は、それを回収したアンサー回でしたね
皐月様の狙いも、ご本人(回想)からぼちぼち語られて来ましたし…
恐らく、四天王戦を通じて、皐月様の野望が徐々に明らかになるんでしょう
犬牟田・乃音の回想で大枠が語られて
渦との再戦で、大分核心に迫る感じかな?
…まぁ、このまま1話1闘というペースかどうかも怪しいですがね

今回気になったポイント

■本能寺学園は皐月様が作った!
 ”すべてと戦い、すべてを作り直す”とは何か?

前回の回想の続きが出てきましたねー
蟇郡という人間の覚悟に何か感ずるところがあったのか
はたまた中学生という若さのせいか、
皐月様はペラペラといろいろ喋ってくれます

「人間は服を着た豚だ
 私はこの世界のすべてと戦い、すべてを作り直す
 その一歩として、2年後、新しい高校を作る
 私の軍団となる高校だ
 そこに来れば、貴様は新しい力を手に入れることができる」

…これが、2話で語られた「人類支配と解放計画」の超ざっくり概要っぽいですね
ああ、やっぱりこの学校って、野望のための手段だったのかって感じです
あと、新しい力っていうのは、やっぱり極制服のことなのかな?
これが、前話の”親の力を利用する”ってやつですね

しかし、そうなると”すべて”って…人類規模の”すべて”なのか…
さすが皐月様、スケールが違いすぎる…
蟇郡が心酔するのも納得ですね、器が違う
…皐月様が、なんで人類規模の野望を抱くようになったかについては
これから先語られるんでしょうか?…ですよね??
一体どういうきっかけなのか、大変興味深いです

そういや、蟇郡の回想に、乃音・犬牟田が登場しませんでしたが
犬牟田と皐月様の出会いは、この後なのかな?
乃音って、確か一番付き合い長いって言ってたけど…この時はどうしてたんだろ?

■皐月様は流子ばっかり
 膿を出すだけでなく、四天王の再教育(?)にも流子を利用か?

私の現時点での解釈をざっくり言うと、↑の通りです
今回の塔主頂上決戦って、結局四天王vs流子という
まさに流子のためにあつらえたようなステージ(?)ですし
今回に限らず、渦と戦った6話・マコと戦った7話でも、
戦いの中、皐月様は流子にばっかり語りかけます

皐月様が流子を泳がせておく狙いとして7話に語られたのが
犬牟田曰く「学園の膿を出そうとして、纏を利用した」ということ
その言葉通り、7話では増産された部長達が流子によって駆逐されていきました

と共に、皐月様としては
流子を利用して、四天王を再度教育しようという狙いがあったんじゃないかなぁ?
と思うわけで

前回、壊惨総戦挙で、四天王を含めて学園の体制を白紙に戻すという、
かなり大規模な改革を行ったわけですが
結局、決戦戦兵では、四天王のメンバーが流子とともに上がってきました
もともと極制服もそのままなので、当然っちゃあ当然です
これじゃあ前の体制とそんなに変わらない気も…?
何で皐月様はこんなヘンなことをしたのか?

ここで気になるのが、7話まで皐月様が
四天王vs流子に待ったをかけていたこと
流子vsマコの戦いを見届け、壊惨総戦挙を実施してはじめて
事実上、四天王vs流子を許した(?)ということ
これは、どういうことなのか?
このヒントが、今回の蟇郡戦にあったと思います

5年前、蟇郡は皐月様に対峙し
「力では決して屈しない存在があることをおまえに見せてやる
 それが俺の覚悟だ!」
と語り、皐月様の、鉄をも砕く一撃をまともに腹にくらっても
最後まで膝をつかない覚悟を示しました
その姿を見て、皐月様は自身の野望(?)を語り、
また、蟇郡に「共に来てくれ、そして私の盾となってくれ」と
スカウト(?)します

しかし、今回の流子との戦いの中、敗れてしまいます
それを、皐月様は
「覚悟も溺れれば驕りとなる、無念だな」と評します
確かに、今回の蟇郡の敗因は、自らの信念に心酔しすぎて
自身の行いを冷静に省みることができなかったのが大きいでしょう

しかし、自身の不様を恥じ、自刃しようとする蟇郡に対し
皐月様は「自分の涙は自分でぬぐえ、まだ跪くには早い」と言いました
「跪くには早い」というのは、あの回想シーンからするに
”また共に来てくれ、私の盾となってくれ”という意味ですよね
流子に敗れたにも関わらず、皐月様は蟇郡を受け入れているわけです
これはなぜか

まずは、6話で皐月様が「覚悟なき者は私の部下にいらぬ」と語っているように
皐月様的には”覚悟”の有無がポイントであり
流子に勝った・負けたは、本質的には関係無いということ

でもって、このタイミングで
一回全部チャラにしたうえで四天王を流子にぶつけた狙いとは何か?というと
自分が作った体制下で、一度安住してしまった四天王を
今一度、自分と出会った頃のような立場に戻し、
そのうえで、7話でシステムに呑みこまれないことが分かった流子と対峙させることにより
それぞれの覚悟を問い直す・取り戻させることが狙いなんじゃないか?と思います
(…前回も似たようなこと書いたな、これ)

ちなみに、↑でいう、自分と出会った頃のような立場というのは
自分の体制下に入っていない、自分自身が自分自身の覚悟で生きていたということなんじゃないか
「自分の涙は自分でぬぐえ」とは、そういう意味なんじゃないかと思っています


…とはいえ、流子を戦わせる最大の目的はやっぱり、
自らの「人衣圧倒」とは思想が違うであろう
流子の「人衣一体」っていうものを見極めるためかなと思うんですけどね


■流子と鮮血の絆が新たな力を生む!
 …しかし、三木杉の狙いとは一体…

…と、皐月様の狙いがぼちぼち分かりはじめてきたら、
急に気になって来たのが、この美木杉の狙い
こいつ、ただの協力者ポジションではないとは思っていましたが
ここまで戦いに干渉しようとしたのは、今回が初めてなんじゃないでしょうか?

まずは冒頭、四天王との戦いを行おうとする流子に対し
「四天王戦は危険」
「君と鮮血に何が起こるかわからない」と、棄権することを勧めます

次に、蒲郡との戦いの最中、やみくもに攻撃を仕掛けている(ように見える)流子に
「ダメだ、とうとう判断力が停止したかな」と
”不動のツボ”を突くためか、マチ針を構えます
(不動のツボは、ひと突きでマコの動きを止めるほどの威力)

戦いによって、”流子と鮮血に”何が起こるか分からないと言っているあたり、
5話で語られたキヌエさんのようなケースを懸念していると思われます
でもって、判断力が停止したのをダメだ、と評するあたり
神衣に殺されないためには、着用者の判断
…着用者の意思が保たれていることが必要、と考えているのだと思われます

…あれ?そうすると、美木杉という人間は
キヌエさんの言う「人と服は敵じゃない」という思想に、完全に賛同しているわけではなさそう
むしろ、服を服従させる…とまではいかなくとも、気を抜くと裏切る存在くらいには思ってそうですね

いや、彼は「ヌーディストビーチ」という団体に属しているようですし
服に対して懐疑的なのは当然かもしれませんが(詳細分かりませんけど)
いやでも、あのグローブを渡して、鮮血を扱う方法を教えたのも美木杉じゃなかったっけ?
(この時期、美木杉を完全にノーマークだったので記憶がうろ)

いろいろと、自分の記憶があやふやなまま憶測するのはアレですが
5話と今回の感じからするに、美木杉は基本的には人と服の関係には懐疑的だけど
流子と鮮血の間柄には、何か期待しているところがあるのかな?
だからこそ、流子に鮮血とは何かを伝えた
期待している何かというのは、キヌエさんのいう「人と服は敵じゃない」
…人と服の友情とか共存とか、そういう可能性のことかな?

…じゃあ、流子勝利後の美木杉の台詞
「戦局による形状変化まで会得するとは、さすがだよ流子くん
 …けど、素直には喜べないなぁ…」
とはどういう意味なのか?

自分の信念(人と服との関係に疑念)に反するから?
それとも、服のパワーが上がると、もしも将来服が流子を裏切ったときに
流子が受けるダメージも大きくなる…キヌエさんのようになることを懸念して?

…という疑問もありつつ、もしこの台詞が後者のような意味であるならば
ふと思ったのが、なんか美木杉の立ち位置が、流子の父親っぽく見えること

流子に鮮血について教えたのは
彼女の目的達成のために、鮮血についての知識が必要だから
しかし、厳しい戦いから彼女を遠ざけようとするのは
彼女が鮮血にのめりこみ過ぎると、自身をどんどん危険に晒してしまうから
こう考えると、これまで流子の疑問に対して核心にはふれずはぐらかしてきたのも
彼女自身を危険から守るためという解釈もできそうです

でもって、私は鮮血を、やはり純潔のように
流子の花嫁衣装みたいなもんだと考えています
みたいな、というのは…うーん、
神衣には、娘が親元から離れるという意味であったり
あとは、娘の自立とか、もしくは新しい家族を得るとか
人生の新しいステージに移行する時の服装のような
そういう意味合いがあるんじゃないかと思っています

なので、この”素直には喜べないなぁ”っていうのは
自分の手もとにいる女の子が、どんどん離れて行ってしまう寂しさのような
そんな台詞かと思いました

…大分外してそうですね



…ところで次回予告、犬牟田の姿がちょこっとしか、しかも後姿しか映ってないんですが
これってどういうこと?
恋上手とか、男と女とか言ってる間に出てくるのは、蟇郡(とマコ)の絵ばっかりだし
これまでの、渦や蟇郡戦の時のように、犬牟田の紹介ナレになっていないのも気になる
犬牟田って奴には、正体が無いってことなのか?
そしてこいつ、いったい皐月様とはどういうかかわりがある奴なのか?

いろいろ気になりますね…来週も楽しみ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR