トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

キルラキル4話…なんか、すごく引っ掛かる回でした

キルラキル4話視聴したんですが…
なんだろう
なんか、すごく引っ掛かる回でした

今回は、風紀委員による「ノー遅刻デー」の話で
無星の生徒達は、通学路に設置されている数々の罠をかいくぐって
ホームルームまでに登校できないと
”放校”(退学みたいなもんか?)されてしまうという…

この都市では、学校での生徒のランク付けが
そのまま、その生徒の家族の生活レベルであるっていうことなんで
一応、”生活掛かってる”っていう理由でみんながあんなに必死に登校してるっていう理屈なんだろうけど
正直、そこまでして守りたい生活なのか?

星付きの生徒が、自分のランクを守るため…ということならまだ分かるのだが
マコの家見た限り、正直この生活レベルだったら
放校されて別の街で1から始めてもいいんじゃないか?とか思ってしまうのだが…

それでも、この都市に居続ける理由
無星の子たちが、疑似HRを行うくらい学校に執着する理由って
一体何なんだろう?と思うわけで…


そういや、流子っていうのは その外の世界から来たわけなんだよね?
この子がいままで住んでた世界って
どういうところだったんだろう?

もしも、EDのあの映像が この物語が始まる以前の流子の姿だとしたら
流子以外の人が、服を着たマネキン姿っていうのにも何か意味がありそう…
”人”と”服”の関係、っていうところに、何かキーがあるのかな?


そうそう、あと気になったのが
今回のゲストキャラ、大暮麻衣子(無星)と
四天王のひとり、蟇郡苛(3つ星)の
性格…というか、品性の違い

今回ゲストキャラの大暮さんは
鮮血曰く、とてつもない”恥知らず”さで
前回の流子があれほど苦しんで会得(?)した「人衣一体」モードになるわけなんですが
その後、鮮血(服)自体から拒否されるんですよねぇ

我々の目に見える現象(露出過剰な服を着ている)としては
前回の、皐月様曰く”着こなす”ということと
今回の”恥知らず”っていうのは、そう変わらなく見えるんですが
衣服を纏う際の、意識…というか、心構えの違いみたいなもんが
この作品では大きな違いになるのかなぁ?


でもって、蟇郡君
これまで、流子への刺客の生徒って
異様にキャラが濃いというか、気性が激しかったので
星付きの生徒って、皆あんな感じなのかなー?と思っていたのですが
2話の渦君同様、今回の蟇郡君も
…まぁ一部おかしいところもありましたが、根っこの感性は
結構まともそうな感じなんですよね…

この四天王っていうのは、皐月様への忠誠心だけであのような行いをしているのかなぁ?
それとも、皐月様を頭としたこの体制で、遂げようとしている目的が何かあるのか?

それは、あの学園都市を守るということなのか?
それとも、あの学園都市の体制をもって、何かに戦いを挑もうとしている?
うーん、例えば あのEDみたいに、人々が服に”着られている”世界から
人々が自覚的に”服を着る”世界を目指してる…とか?
ああ、そう考えると、無星の生徒に「ノー遅刻デー」を課すのも
彼らを鍛えるためとか…??
極制服っていうのも、”服を着る”ことに対しての意識の醸成(?)とかなのかな?
うーん…


…とかいろいろくたくた考えましたが
なんだかんだいってこの回はなんかギャグ回っぽいし
こういうところ捉えて悩むこと自体、野暮なことなのかも

とはいえ、冒頭で鮮血が切り刻まれるシーンとかは
何故、極制服の繊維が鮮血に回収されるのか?という謎の
キーになりそうなシーンでしたし

次回予告では、新キャラ(グレンラガンのキタンっぽく見える)出たりとか
とうとう蛇崩乃音ちゃんが出撃(?)とか、いろいろ新展開ありそうで
大変楽しみです
来週も、また眠れないんだろうなぁ…


あと、まったくの余談ですが
流子の裸同然の姿を散々見てきた満艦飾父子(と、ペット)が
たかだか流子のパンツ見たくらいで、いちいち鼻血噴出するあたり
純情というか律義というか…馬鹿ですねぇ
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

きりたちのぼる

Author:きりたちのぼる
ボカロ(特に千本桜)と、仮面ライダーと、フィギュア遊びと、あとその時にハマってるアニメの感想などをやっています。
だいたい迷走してます。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR